ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

夢と金縛り(その1)  

 以前の記事で金縛りについて書いたとき
『私はある仮説を持っているのだが、それはまた別の機会に。』
と書いた。そのことについて、数回に分けて記そうと思う。

 先日、おかしな夢を見た。
 オフィスのいすに座っていて体にぐっと力を入れた瞬間、超人ハルクのように着ていたシャツの背中が裂けて破れてしまうという夢だった。
 朝になり目が覚めてパジャマを脱ぐと、背中が20cmぐらい裂けていた。
 そのパジャマは夏物の薄手の生地な上に、もうずいぶん長いこと着ていて生地そのものが薄くなっていたので、破れたことはそんなに不思議ではない。破れた部分に手を当てたとき、シャツが破ける夢を見たことを思い出した。
 あの夢はシャツが破けたことをきっかけとして見たのだろう。とすると、オフィスの椅子に座って体にぐっと力を入れたという、シャツが破れる直前の情景がちゃんとストーリーとして存在しているのが不思議だなと思った。これから破れることを予感して夢が始まるはずがない。あの夢は、パジャマが破れるという刺激から生まれ、実際に破れた瞬間と、夢の中で破れた瞬間とはタイムラグがあるのだろうと。つまり夢全部が刺激に対する後付あとづけなのだ。
 刺激や頭で考えたことを元に、夢が構成されていく。この流れは金縛りの中で起こることに似ていると思う。別サイトに記した私の体験談の例を引用してみよう。


ホモの幽霊

 半覚醒の状態にある意識の変性が起こす不思議なことはいろいろありますが、金縛りなんてのはその代表格で多くの人が体験していますよね。私の金縛りは、はっきり自分の精神状態の産物だと言うことができます。決して霊体験ではないと私の場合は確信しています。なぜなら、金縛り中こうなると面白いなと思うとそうなるからです。例えば、身体が浮くと面白いと思うと、身体が脚の方から浮き上がり、電灯の周りをぐるぐる回り始めます。もちろん目を閉じているので実際に浮き上がっているのを見たわけではなく、そんな感じがするってだけのことです。そんな金縛りのケッサク中のケッサクな話をひとつ。

 当時私はまだ学生でした。
 春休み、悪友と2人急に思い立って、たいした準備も金も持たずバイクで紀伊半島一周のツーリングに出掛けました。金はないので、春休みの間、里帰りをしているはずの友人達の家に泊まり歩こうという、無茶な計画でした。
 三重の方からスタートし、津市で友人宅に1泊目。潮岬を回った所でユースホステルを見つけ2泊目。順調に旅は進んでいきました。和歌山市内に入り旅も終盤。電話ボックスを見つけ、市内に住む友人に電話をかけました。うまく連絡はつき、泊めてもらうことになりました。
 その友人宅で、例によって明け方まで麻雀をうち、それが終わってごろ寝をしていました。
 ツーリングの疲れもあってか、眠りに落ちてまもなく金縛りがおそってきました。前々から霊体験でないと思っている私は怖くはなく「出た出た。また来た」と、むしろ、金縛りの状態を楽しんでいました。よく言われる息苦しさは私の場合、全くありませんので。
 しばらくすると、うつぶせに寝ている私の脇の下から手を差し込み、私にのしかかってくる者があります。
「おいおい、これじゃまるで、強姦されてる見たいやないか。この上ケツつつかれたりしたらたまらんな。」
と思った次の瞬間、まさに私が思ったとおり、私の肛門あたりをつつく者が。つんつんと腰を振りながら軽く私の肛門をついてきます。思わず吹き出してしまい、それで金縛りは解けました。
 げらげら笑う私の声で起きた友人達は、怪訝な顔で私を眺めていました。私は今起こったことを話しました。そして仲間達が出した結論は・・・

「この家にはホモの幽霊がいる」

 ただで泊めてもらった上、とんでもない言いがかり。
 本当に失礼な話です。(笑)

 全ての人の金縛り体験に当てはまるとは思わないが、私に起こる金縛りの中の出来事は、私の思考から生まれていることがお分かりいただけると思う。

(つづく)




いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




 
関連記事

Posted on 2015/06/01 Mon. 02:09 [edit]

category: 夢と金縛り

コメント

ありがたいこと(^^)
なんか、照れまんなf^_^;)

URL | 匿名さん #-
2015/06/02 19:15 | edit

☆ なーさん

いい思い出です
あの頃のことはまるで夢のようやったけど
夢と違うのは
一つ一つを鮮明に覚えてることかな

そして俺たちには
あのときと同じ気持ちで過ごせる場所が今もある
幸せなことやな

な、なーさん(^^)

URL | きしもと #s7IGOOmQ
2015/06/01 21:11 | edit

はっはっはー。懐かしい(^^)
悪友はI君
津市はS君
和歌山市はK君ですかf^_^;)
こんな人らが、今や偉いお仕事をなさってる。
いや、ええことです(^_^)v
人生は多くの経験の積み重ね(^^)

URL | nagai@wease on G #-
2015/06/01 13:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://eekagen.blog134.fc2.com/tb.php/557-e387804e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile