ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

びわこジャズ東近江2017出演決定!
2017年4月23日(日)13:00~13:40
詳細はホームページLive infomationをCheckout!!
ホームページはこちら

紫陽花園 ~宇治・三室戸寺と植物公園~  

mimuroto 先日、宇治市にある三室戸寺へ出かけた。
 ここは三年前の秋に紅葉狩りに訪れて以来だ。
 なかなか商魂たくましいお寺で、情緒や風情を期待するとがっかりする寺だが、庭園の管理は抜群で、春は桜やつつじ、初夏には紫陽花、夏は蓮の花、秋は紅葉と、一年を通して美しい姿で目を楽しませてくれる。
 言っておかなければならないこともある。商魂逞しいとは書いたが、開山1300年を数える由緒正しい寺で、本尊の千住観音像は厳重な秘仏で写真すら公開していない。観光客を集める表向きの顔と、きちんと寺としての折り目正しさを保つ姿が偲ばれる裏の顔を持つ。

 今は庭園に植えられた1万株の紫陽花が盛りを迎えている。いい感じに手入れが施され、それはそれは見事だった。
 私は探すことはしなかったが、この紫陽花園の何処かにハート型の紫陽花が咲いているらしい。(参照 毎日新聞記事
 寺の表の顔に乗っかって、四つ葉のクローバー探しや、隠れミッキー探しの気分で探してみるのも一興だと思う。
三室戸寺 紫陽花
三室戸寺 紫陽花
三室戸寺 紫陽花

 妻が弁当を用意してくれていたが、山門には飲食禁止の看板が立っていた。
 しかし食事のできる茶店はあり、つまりは持ち込み飲食禁止ということらしい。
 境内は飲食するなという放送がしょっちゅう流れ、表の顔が全開。まるで何処かのテーマパークに来たようだった。
 「ここの小坊主たちは、キャストっていうらしいで」
という私の冗談に妻だけでなく、付近を歩いていた他の観光客達も笑っていた。きっと私と同じような感想を持ってたんだろう。
 山頂の本堂前は前回来てげんなりしたので、紫陽花園だけ見て三室戸寺を後にした。
 
 どこか近くの人混みのないところで弁当を広げようと、あれこれ検索しているて、子どもが小さかった頃に一度訪れたことのある宇治市植物公園があることを思い出した。
 訪ねてみると、期待通り観光客の姿はない。地元の人らしい家族連れがちらほらいる程度で、広大な庭園がほぼ貸し切り状態。ゆったり昼食を摂ることができた。
宇治市植物公園
宇治市植物公園
 花と水のタペストリーというらしい。宇治市のゆるキャラ「ちはや姫」が花のモザイクで描かれていた。
 ちょっと残念な感じを覚えるのは私だけだろうか。
宇治市植物公園
 このタペストリーの裏には広い蓮池があり、蓮の花がこれから見頃を迎える。
 蓮は新種ができやすいのか、池の周りには様々な蓮の花が水鉢に植えられて飾られている。いろんな名前が付けられていて、中にはとても花の名前とは思えない、思わず吹き出しそうになる妙な名前を付けられたのもいる。
 人混みを避けてゆっくり散歩したいときにはいい場所だと思った。


いつも応援ありがとうございます!!
ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2014/06/27 Fri. 23:13 [edit]

category: 京都

thread: 花の京都 - janre: 地域情報

tag: 京都  三室戸寺 

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://eekagen.blog134.fc2.com/tb.php/508-f678a4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

What's New?

Comments+Trackback

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

文字を大きく・小さく

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile