ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

びわこジャズ東近江2017出演決定!
2017年4月23日(日)13:00~13:40
大宮グッドフェスティバル2017出演決定!
2017年5月4日(木祝)14:40~15:10

詳細はホームページLive infomationをCheckout!!
ホームページはこちら

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

布団の温み  

 ご存じの方はご存じですが、私WEASEのページとは別に、趣味のホームページを経営しています。いわゆる「オカルトサイト」に分類されてしまうサイトですが、不思議な出来事を集めたページで、本人は結構まじめにやっています。
 でも、ここ数年、とんと不思議な出来事には出会わなくなり、更新頻度はがた落ち。以前はたくさんあった投稿記事も殆ど無くなっているという始末です。

 数日前、ちょっと不思議な出来事に遭遇したので、そのサイトを更新しました。
 以下はその更新記事を、ブログ用に一部推敲したものです。


 20年近く前、いっしょに暮らし始めた三頭の猫(三頭とも同時に我が家に来たわけではなく、まず一頭の雄の野良猫と出会い、後に二頭と出会った。)は老齢のため順に他界し、昨年、長い間がんばってくれていた子も、とうとう旅立ってしまった。(ショウです。さすがにここで報告は出来てはおりませんでした)
 でも、三年ほど前の嵐の夜に子猫が裏庭でピーピーないていたので、
「今夜は嵐が来るし」
と妻に言い訳して家に上げてしまい、当然のことのようにそのまま飼うことになったので、未だ猫との暮らしは続いている。
 この子は、妻にはなついているのだが、私のことが苦手なようで、よほど気が向かないと触らせもしないし、どんなに寒い夜も私の布団の中に入ってくるなんてことは決してない。
「嵐の夜の恩を忘れたか」
と言ってはみるが、そんなことは知らんとばかりに、私の足音がするだけで逃げてしまう始末だ。

 先日、もう二時を回っていたが私はなかなか寝付けないでいた。
 目をつぶったまま、いろいろと考え事をしていると、あの子が私の布団の肩口にやってきて、中に入れろと肩の辺り布団を、砂を掘るような仕草でひっかいている。
「あれ?ドア、開けたままにしてたっけ?しかし、珍しいこともあるもんだ」
と思ったが、目を開けるとまたさっと逃げてしまうと思ったので、目は閉じたまま、黙ってゆっくり布団を持ち上げてやると、するすると布団の中に入ってきた。そして布団の中で私の胸の辺りから体の上に乗り、そのまま、開いた私の股ぐらまで移動して太股にもたれかかって体を横たえた。
 一番始めに我が家に来た子が、冬場よくやっていた眠り方だ。
 猫が居ることで布団の中のぬくみは増し、懐かしい感触に私はすっかり嬉しくなってしまった。
 暫くそうしていたがやっぱり落ち着かないようで、足の方から布団の外へ出てしまった。
 残念に思っていると、また肩口から布団の中に入ってきた。そして足元から外へ出るということを三度ほど繰り返した後、今度は布団の上から私の胸の上に乗り、ご飯の催促をする猫がよくやる、前脚で顔を圧す仕草をしていたか、そのうち片方の脚が口の中に誤ってグニュッと入ったときにはさすがに驚いて「うっ」と声を出してしまった。
 とたんに私の胸から降りて寝室のドアの方へと去っていった。そして、トントントンという、階段を下りていく足音。
 今日は一体どうしたんだと、ここで初めて私は目を開けドアの方に目をやった。

 愕然とした。

PIC237.jpg
 ドアはきちんと閉じられていた。
 もちろん私は恐ろしいなどとは感じなかった。旅立った子たちのうちの一番私になついていた子が帰ってきてくれてたんだと、むしろ嬉しい気持ちでいっぱいだった。
 別サイトで以前書いたように、私は旅立った猫たちの気配を感じることは、今までにも何度も経験していが、こんなにも濃密に、はっきりと接触できたことは初めての経験だった。

 現在いっしょに暮らしてる猫に好かれず、寂しい思いをしている私を慰めに来てくれたのかな・・・・(笑)




もし、こんな話やちょっと怖い話に興味がありましたら、サイトにお越し下さい。
リンク集にあるMysterious Talesというサイトです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!
関連記事

Posted on 2014/02/03 Mon. 23:19 [edit]

category: ネコ

thread: 最近の出来事 - janre: 日記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://eekagen.blog134.fc2.com/tb.php/461-57d09356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

What's New?

Comments+Trackback

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

文字を大きく・小さく

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。