ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

なんでもかんでもクリスマス仕様にすればいいってもんじゃない!  

 

daimajin1

 この週末、たまった仕事に取り組んで、いい感じに捗ったので午後からウォーキングに出かけた。
 いつもは桂川の河川敷コースを嵐山目指して歩くのだが、今日はコースを変えた。いつもの道は信号もなく、心地よく歩けるが、川縁の道なので冬場は歩くのが困難なほど北風が厳しいことがあり、北上する往路は違う道を歩こうと思ったからだ。
 太秦映画村の近く、嵐電の太秦駅と帷子ノ辻の間に大映通り商店街という通りがある。別名「太秦キネマストリート」ともいい、映画をテーマにしたちょっと面白い通りなのだが、そこを歩いていると巨大な大魔神像が立っていた。(家に帰って調べてみると、ほぼ映画の想定通りの実物大だった。)
 大魔神には、我々の世代の人は特別の思いを抱いてる人も少なくないと思う。
 人間の愚かしさ、醜さを憤怒の形相で粉砕する荒々しい武神で、怪獣や怪物と戦う他のヒーロー達とは一線を画す、ある種の近寄りがたさのある存在だ。
 その大魔神にクリスマス仕様の装飾が施されていた。
 像そのものが今にも動きだしそうなほどリアルに造られているせいか、私にはとても奇異に見えた。
 私は、クリスマスの盛り上がりを否定するようなシニカルさは持ち合わせてない。むしろクリスマスソングが聞こえてくるとうきうきし、イルミネーションは見に行きたい方だ。
 しかしこの大魔神像には違和感しか感じなかった。
「これは笑えない」
そう思った。

daimajin2

 幼い頃、家族で映画館へ出かけたことはそんなに多くはなくて、たまに連れて行ってもらって観た映画はよく覚えている。その全てが私にとって大切な思い出だから、尚のこと、この大魔神のクリスマス仕様には、何と言うか、哀しく切ないモノを感じてしまうのだろう。
 だから、この感情は私の中の問題で、ここで言うようなことではないのかも知れないが、一大魔神ファンとしては、やっぱりヒトコト言いたい。


 お願いだから止めてください



 公開されて50年近く経った今も、愛され続けられている大魔神。
 愚かしさに対しては紅蓮の炎の如き怒りを以て迫ってくる大魔神は、今の世界をどんな思いで見つめているのだろう。




  ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2013/12/08 Sun. 21:53 [edit]

category: エッセイ

thread: 特撮・戦隊・ヒーロー - janre: 映画

コメント

☆ マナサビイさん

人それぞれ受け取り方はいろいろで、これを面白いと思う方がいるってことも自然なことなんだなあと、当たり前のことに今更気づいてます。
(^^;;
だけど私の思いを理解して下さったり、共感して下さる方がいるってことに幸せも感じてます。
これも大魔神の思し召しでしょうか?(笑)

URL | きしもと #jjTL4YWY
2013/12/14 09:23 | edit

FBでupしておられた時は笑えるVOWネタというとらえ方だったんですが、
確かに、これって「クリスマスだからこの衣装」的な安直な発想ですよね。
龍野市をひらがな表記にしてしまうことなどと一緒かも。
そのもの自体が本来持ってる良さや意味を大事にしないとですよね。

そう考えるとますます哀愁を帯びて見えて来ました?!^^;

URL | マナサビイ #-
2013/12/13 18:10 | edit

☆ まーるさん

そうなんですよね。かなしそうなんですよ。


大魔神は荒ぶる神で、子どもの私には凄く怖かったんですよ。

大魔神は元々山の崖に埋め込まれたような形で刻まれていた、山の神でした。
埴輪のような無表情な武神像でしたが、
平和な村の守り神で人々の崇拝を集めていました。
悪政を強い民を苦しめていた悪大名が、この像の取り壊しを決め、
部下に大きな鏨(たがね)を額に打ち込まさせたところ
額から血が滴りました。
そして地鳴りと共に突如としてその像が動き始め、
その顔は憤怒の形相に変貌し、里へと下ってきました。
大名の砦を壊し鉄砲で抵抗する侍達を次々に踏みつぶしました。
最後には悪大名を捕まえ、額の杭を抜くと大名の胸を串刺しにし、
壁に貼り付けてしまいます。

魔神の怒りは治まるところを知らず、ついには村の民まで襲い始めます・・・


ものすごく怖い映画でした。
拍手喝采で観られるヒーロー物ではありませんでした。
姉の手をぎゅっと握りながら観てた様な記憶があります。


ラストの7分間が観られます。よかったら

http://www.youtube.com/watch?v=-uatPJ7ddjY&feature=share&list=PL71A06DE891C3C0FF




URL | きしもと #s7IGOOmQ
2013/12/12 23:53 | edit

((φ(..。)

わたしは“大魔神”のこと、何も知らないのですが
何も知らないまま見ても、これは
「なんか違うのでは・・・」
と思いました( ̄ー ̄;
なんていうか・・・台無しなような。。。
(それで逆に笑ってしまった・・・(T▽T;) )
特別な思いがあれば、それはなおさら
違和感
止めてほしい
となるでしょうね('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)

大魔神について記事の中で少し教えていただいて
改めてもう一度写真を見てみたら・・・
大魔神が嘆いているような、少し悲しそうな
そんな風に見えた気がしました。

URL | まーる #p14mMXO.
2013/12/12 08:35 | edit

☆ amamian3 さん

そのシーンは3作目の「大魔神逆襲」ですね。
私の思い入れの一番深いのは
映画館で観た1作目かなぁ。

やっぱり「やめろぉ~!」って思いますよね(^_^)

URL | きしもと #s7IGOOmQ
2013/12/11 22:47 | edit

あの

雪の谷底から
女の子を救い出すシーンが 忘れられません!!

これは「やめろー!!」ですよね

URL | amamian3 #wZiQHpeI
2013/12/10 05:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://eekagen.blog134.fc2.com/tb.php/446-abe038c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile