ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

WEASE春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演決定!!
日 時 2017年5月28(日)14:00開場 14:30開演
会 場 LIVE SONGS
所在地 愛知県名古屋市中区新栄1-12-30 ホワイトプラザB1

詳細はホームページLive infomationをCheck it out!!
ホームページはこちら

祖母の十三回忌  

 週末、祖母の十三回忌の法事のために帰郷した。
 祖母は、大学進学を期に故郷を離れた私を、いつも心配してくれていた。朝な夕なに神棚に手を合わせ、私の無事を祈っていると、よく母から聞かされていた。
 足が悪く、奥の部屋での寝たきりの生活が長かったが、たまに帰郷すると、ベッドの中からいつも嬉しそうな表情で迎えてくれ、元気にやっていることを話すと、安心したような眼差しを私に向けてくれた。
 祖母のおおらかで優しい愛は、私の子どもたちにも向けられ、私の息子の名前が漢字こそ違え、読みは自分の祖父と同じであることを(それとは知らずに私は命名し、全くの偶然だったのだが。不思議な縁なのかも知れない) ことのほか喜んでくれ、くしゃくしゃな笑顔で息子や娘の頭をよく撫でてくれた。
 その祖母が危ないという知らせを受け、病院に駆けつけたとき、既に祖母の意識は朦朧としていて、その目には何の感情の揺らぎも見つけられなかった。いつもの優しい眼差しを心の何処かで期待していた私は、甘い幻想を打ち砕かれ、祖母との別れの時が近いということを、その時、初めて理解した。
 それから何日かが経ち、祖母の葬儀が営まれた。
 帰りの車の中で、まだ6歳になったばかりの息子は、「もっと生きてて欲しかった。」と声を上げて大泣きした。
 死などまだ理解できてないだろうと思っていたし、離れて暮らしていたため、祖母ともそんなに密な関わりがあったわけではない。
 なのに大声を上げて泣く我が子を見て、その心の育ちを誇らしく思い、そんな風に息子が感じるほどに、祖母の愛は曾孫にもたくさん降り注いでいたのだと思った。
 あれから十二年。あの日泣きじゃくっていた息子も、今年大学を受験する。来春の4月にはおそらく家を出る。
 年月の速さを、家の仏間で行われた法要の間、私はかみしめていた。

 翌朝、私は早く起き、故郷の街を歩いた。毎年帰郷しているが、いつも家の中で飲んでるだけで、街を歩くなんて本当に久しぶりのことだ。
 ここのところ毎週やってるウォーキングのためだったが、懐かしい景色が次から次へと現れ、知らず知らずのうちにペースは散歩ペースに落ちていた。
 無論私がここで生活していた時代の街とは、随分変わっているが、それでも、あちこちに当時の記憶が蘇る場所はたくさんあった。
 私は街角に落ちている記憶の欠片を拾い集めているような気分で歩いていた。

 川沿いの、当時はなかった新しい道を歩いていると、小学生時代の夏休みは毎日泳いでいた遊泳場所への降り口を見つけた。どきどきしながら河原に降りると、飛び込んで遊んだ大岩は今もあった。

揖保川


 一級河川で水量は豊かな川だ。
 上から見ると穏やかに見えるが、一緒に来ていたいとこがおぼれ、それを助けようとした私の父までおぼれかけたという(二人とも無事だった)かなり流れの速い川だが、私は夏中ここで遊んでいた。
 たとえ流されたとしても、あわてず暫く流れていれば、すぐ下流の浅瀬に流れ着くことを、子どもたちはみんな知っていた。

 大岩から初めて飛び込めたときの喜び
 川面には現れていない隠れ岩の取り合い
 向こうの岩の裏にある「大西洋」と呼ばれる、急に深くなっている場所
 泳ぐ鮎やヤマメをつくために買った鋭い三叉のヤス

 思い出と自分自身の嬌声が、流れていく木片のように、浮かんでは消えていった。



 河原から上がり、歩いていると秋桜畑に出会った。

秋桜畑


 「切り花に自由にお持ち帰り下さい」
と書かれた、手作りの看板が立っている。
 そう言えば、この街に住む、私の知っている人は、みんなおおらかで優しい。
 私はいいところで育ったんだな、と思った ──────




ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2012/10/23 Tue. 00:56 [edit]

category: エッセイ

thread: 雑記 - janre: 日記

コメント

> マナサビイさん

おばあさんはきっと怒ってなんかおられませんよ。
心配されつつも、見守っておられますよ。

こんな風に書いてますけど
私だって決していい孫ではありません。
だけど、祖母が亡くなって随分経ちますが
未だに守られてるような気がします。

秋桜畑は滋賀県ではありません。
私の実家は兵庫県です。
素麺の「揖保の糸」の産地で
川は揖保川と言います。

URL | きしもと #s7IGOOmQ
2012/11/04 10:32 | edit

おひさしぶりです♪
きしもとさんの書かれる文章にはいつも、じ〜んとさせられます。
読んでて、高3の時に亡くなった祖母の事を想い出し、うるうる来ました。前にブログにupした田舎の家でずっと一緒に暮らしていた祖母のことです。
意識がなくなる前の病院での会話、場面も、いまだに覚えています。
最近自分自身に情けないなと思う事が多いから、いくら可愛い孫とはいえ、きっと祖母は天国でワタシの事、怒ってるだろうなとか、そんなふうに考えること多くて・・・よけいになんだかじ〜んとしてしまいました。

このコスモス畑は滋賀県ですか??ステキですね+:。(´∀`)゚.+:
お花も、看板も。:.。.☆

URL | マナサビイ #-
2012/11/01 17:20 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2012/10/31 10:44 | edit

>PATTIさん

> ブログの中に埋れてしまうのは勿体無いですね。
それこそ勿体ないおことばです。
ありがとうございます。

URL | きしもと #s7IGOOmQ
2012/10/30 00:29 | edit

きしもとさんの優しさのルーツは、お祖母様だったのですね。
この記事は読み物としても香り高くて、
ブログの中に埋れてしまうのは勿体無いですね。

URL | PATTI #-
2012/10/29 06:36 | edit

あの$1コーヒーの店(ダヴィンチ)はもうないよ。
建物はあるけど経営者変わってる。
店の名前も変わった。
月日は確実に流れてるね。

URL | きしもと #s7IGOOmQ
2012/10/28 01:44 | edit

学生の春休みに勝手気儘な単独ツーリングの最終日、
泊めてもらって以来山崎の地には伺ってませんね。
夢前、安富までは仕事で行ったけど・・・
立派な面構えの喫茶店の$1コーヒーが懐かしい!
その時、ちょうど当時平均的な250円くらいだったと記憶してます。
そうか、1980年代半ばは、$1=¥250前後やったんや・・・

皆さんお元気でいらっしゃいますように。

URL | nagai@wease #-
2012/10/27 12:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://eekagen.blog134.fc2.com/tb.php/369-64dfdb62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【祖母の十三回忌】

 週末、祖母の十三回忌の法事のために帰郷した。 祖母は、大学進学を期に故郷を離れた私を、いつも心配

まっとめBLOG速報 | 2012/11/05 05:49

What's New?

Comments+Trackback

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

文字を大きく・小さく

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile