ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ウォーキングの風景  

落柿舎

 今日も嵯峨野を歩いてきた。
 少しずつ嵯峨野は秋色に染まってきていた。
 写真はコースの途中にある落柿舎。芭蕉の弟子の向井去来の草庵。現存している物は明治の頃に再建された物らしい。
 落柿舎という名は、去来の時代には周囲に柿の木がたくさんあって、柿の実を売る約束をしていたのに、台風のため、一夜のうちに全て柿の実が落ちてしまったことに由来するのだそうだ。
 そんなエピソードを庵の名にしてしまったところを見ると、よくは知らないが、向井去来という人は洒落を愛した面白い人だったのかも知れないなと思った。
 元来俳句の世界は乙にすましてるだけじゃなくて、諧謔(かいぎゃく)味がなくちゃだめなのかも知れないが。

 私は俳句を詠んだりするわけではないが、私が住む西京極から嵐山までの河川敷の道をウォーキングをするようになって、風景の中にある、ちょっとした季節の移り変わりや生き物たちを見ることが、以前にも増して楽しい。この道を歩き始めたときには、自生している朝顔に癒されていたが、今はたくさんの秋桜たちが風に揺れて目を和ませてくれている。
 川にはたくさんの川鵜がいる。その川鵜たちが実に楽しい。川鵜ってドジなやつが多いのかなと思う。
 大きな鯉を捕まえて必死に飲み込もうとしてるのだが、なかなか飲めない鵜がいた。長い時間をかけてようやく飲み込んだのだが、明らかに体が重くなりすぎている。普通、体は川面に浮かんでいるはずなのに、体の殆どが水没して、首だけを水面から出して一生懸命泳いでいる。水鳥が水面を進むのを見て、泳いでるなんて見えたことがないが、人間の立ち泳ぎのようにしか見えない。鳥の表情など分からないが、きっとめちゃくちゃ焦ってるんだろうと思うと、おかしくて仕方なかった。
 また別の日のことだが、飛んでいた鵜が着水しようと低空飛行をしていた。すーっときれいな着水を予想して見ていると、足を出すのが早かったらしくて、水についたとたん、足が水に引っかかって、ぼちゃんという感じで前のめりに転んだやつがいた。水中の魚をねらったのではないのは、首を上に上げていたことから明らかだった。

 自然の風景だけでなく、旅行に来ている人たちやそこに住む人たちの様子も、とても優しい気持ちで見るようになった気がする。
 先々週の月曜日に歩いたとき、コース沿いの河川敷の公園で、近くの幼稚園児達が運動会の練習をしていた。組み立て体操の練習だった。まだ幼い子どもたちが、太鼓の音に合わせて一生懸命動いてる様子に、我が子の幼い日の姿が重なって見え、少し目頭が熱くなってあわてた。
 そして今日は公園内のグランドで運動会が行われていた。たくさんのパパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんに見てもらって、きっとあの子達は張り切って演技してるんだろうなと思った。

 帰り道、アテネの金メダリスト野口みずき選手と出会った。すれ違ってすぐに、折り返してきた野口選手は私を抜き去り、あっという間に見えなくなった。私とすれ違った地点から折り返しの嵐山までは結構な距離があったが、本当にすぐに追いついてきたのにはびっくりした。
 マラソン界に復帰して9月30日にリスボンでハーフマラソンを走ったと聞いていたが、もう激しい練習を再開しているようだった。自転車で伴走していた男性コーチはロンドンに出場した藤原新選手だったように思ったのだが・・・。これはちょっと自信ない。その男性コーチは「すいません。道を空けてください」と行き交う市民ランナーやウォーカーに声をかけていた。
 走りながらコーチからドリンクボトルを受け取る野口選手の後ろ姿に、コーチと選手の信頼関係が垣間見えた。 
 しかし・・・私が普段のんびり歩いている道を、一流アスリート達が駆け抜けているんだと思うと、なんだか嬉しいような誇らしいような気分になったのは、やっぱり私もミーハーだな。


 もし俳句が詠めたら、きっといい句が浮かぶ風景にたくさん出会ってる。




ブログランキング・にほんブログ村へ



 
関連記事

Posted on 2012/10/06 Sat. 16:44 [edit]

category: エッセイ

thread: フィットネス・トレーニング - janre: ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://eekagen.blog134.fc2.com/tb.php/367-929d7177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。