ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

R & B  

近頃良く耳にするR&Bと言う言葉
気になって仕方がない。
恐らく私と同じもしくは上の年代の方は
一様に違和感を感じておられることやと思います。
最近R&Bとして紹介される曲の
どこがR&B(リズム&ブルース)なんやって思う。

私たちがR&Bというと
レイ=チャールズ、ティナ=ターナー、アレサ=フランクリン
といったミュージシャン達の音楽を思い浮かべる。
しかし今、R&Bとして紹介される楽曲には、彼らの楽曲との
共通点を全く見いだせない。
一時期はSoul Musicとも呼ばれたこのジャンルの曲は
まさに魂(soul)の音楽であり
現在の打ち込みを主体とする音楽とは
対極にある音楽やって思う。

もちろんR&Bに決まった形式なんてものは昔から無い。
BLUESには本来BLUES進行というコード進行に乗って
演奏される12小節の音楽という定型があった。
Jazzの世界ではBLUESと言うとそのコード進行のことを指す。
しかしブルース進行でない曲も
ポピュラーミュージックの世界では
ブルースと呼ばれるようになっていった。
~Bluesとタイトルのついた曲は
必ずしもその定型ではないことがよくある。
しかしそこには必ず共通点があり
Black Musicの中で生まれた
ブルーノートと呼ばれる音階を使って
ブルージーな響きを色濃く持つ曲であること。
これはBluesと呼ばれるものの絶対必要条件やった。
もちろんこのBlue noteを多用したからと言って
即それでブルースかというとそうでもない。
フィーリングでしかないのかも知れない。
しかしバックボーンのBlack Musicを感じることの出来ない曲を
Rythm&Bluesと呼ぶのには、おじさん達は違和感を感じてしまうのよ。

今のR&Bの曲が嫌いなわけでは決してない。
いい曲だなって思う曲もたくさんある。
でも、同じジャンルだってことが理解できない。

ジャンル分けなんて意味無いって言えばそれまでなんやけど。
関連記事

Posted on 2009/08/31 Mon. 23:44 [edit]

category: エッセイ

thread: 雑記 - janre: 小説・文学

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://eekagen.blog134.fc2.com/tb.php/275-9429f1cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。