ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

ガーデンミュージアム比叡  

比叡の睡蓮の池
 今日、仕事が休みでしたので妻と出かけることにしました。初めは映画を見るつもりで家を出たのですが、道が思いの外混んでいて間に合いそうもなく、1本ずらして先に昼食を摂ることにしました。
 岩倉まで車を走らせ、以前このブログで紹介した湯葉屋(宝ヶ池 ゆば泉)で湯葉フレンチを頂きました。妻も私も時計を持たず、携帯は家に置いてきてしまいましたので、ふと気づくとすでに1本遅らせた映画にも間に合わなくなっていました。
 まあいいかって感じで車に乗りますと目の前は比叡山を見上げる雄大な景色。
 「よし、叡山に登ろう。」という気になり、車を「山中越え」という峠道に向けました。
 
モネの睡蓮の池 目的地は比叡ドライブウェイ内にある「ガーデンミュージアム比叡」。フランス印象派の絵を陶板と庭園で再現してあります。上の写真は見ておわかりのようにモネの「睡蓮の池」(右)を再現したものです。
 
 実はこの場所、私たちの若い頃は比叡山山頂展望台と言い、古い展望台の周囲に、イカ焼き屋やたこ焼き屋、とうもろこし屋が軒を連ね、土器(かわらけ)投げが名物という昭和の色濃い場所で、バイクを走らせてちょくちょく行ったところです。
 その展望台も上手に残してあって、ちょっと昔の思い出にもひたることができるので、私たち夫婦のお気に入りの場所です。

 園内は色とりどりの花たちがよく手入れされて咲き誇り、本当に気持ちのいい場所です。
 入り口に書いてあった「花はいつも見頃です。」という言葉、「いつも見頃になるように手入れしていますよ。」という意味なのだと思いますが、「『見頃』って人間が勝手に言ってるだけで、つぼみであっても、咲いていても、花が散って実になっていても、いつもそこには命の息吹がありますよ。」という意味に読めて、ちょっと深いなぁと思いました。

 私たちは今日は入りませんでしたが「花の足湯」もあり、延暦寺の参拝の帰りに立ち寄ってほっこりするのもいいかもしれません。








関連記事

Posted on 2011/05/16 Mon. 21:53 [edit]

category: エッセイ

thread: 京都 - janre: 地域情報

コメント

お久しぶりですね。
お越しの節は連絡いただければ
無料タクシーいたしますよ(^^)

URL | きしもと #s7IGOOmQ
2011/05/19 20:00 | edit

お久しぶりです~
「ガーデンミュージアム」私の行ってみたい場所に一つです!
夏の早朝に蓮の花を観にいくのもいいかもですね。


ジャズフェスタ、いけなかったんです(泣)
楽しみにしてたんですが・・・・。残念。

URL | shalala #-
2011/05/19 12:48 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://eekagen.blog134.fc2.com/tb.php/107-5b078f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile