ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ルーブル美術館展  

chozeiri 京都市美術館で開催されているルーブル美術館展に行ってきた。16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の傑作約80点が、数百年経っていることが信じられない瑞々しい輝きを放ちながら並んでいた。家事にいそしむ召使い、物乞いの少年、つましい食卓につく農民の家族、庭園に集う貴族の男女など、身分や職業を異にする様々な人々の日常が描かれている。中にはニヤリとさせるわかりやすい風刺画もあった。「徴税吏たち」という絵に描かれている男の粗野で下卑た表情は、当時の腐敗した徴税吏たちへの軽蔑の思いが、劇画タッチといっていいぐらいに、直接的に描かれていて、思わず笑ってしまった。しかもこの絵は模写でありながら、その芸術的価値が認められているらしい。絵のテーマに似合いすぎる事実を知ってまた笑ってしまった。
 そしてお目当ては何といってもフェルメールの「天文学者」。
 画家である私の義兄にその魅力を教えてもらって以来、ずっと気になっているフェルメールの絵を間近でみることができた。Johannes_Vermeer義兄曰く、「当時、青の絵の具は大変に貴重で、しかもフェルメールはラピスラズリ(青金石)という宝石を砕いて作る高価な絵の具を、風俗画に使った。それまではこの絵の具は貴族から注文を受けた肖像画で使うのが当たり前で、一般の庶民を描くのに使うなどというのはありえないことだった」そうだ。この青のことを「フェルメール・ブルー」と呼ぶことも義兄から教わった。
 この偉大な絵の前に立って、私はその感想を述べる言葉を知らない。唯々、立ち尽くし茫然と見入るばかりだった。

と、まあ、絵に関してずぶの素人の私が、歴史的な展覧会のレビューを書き綴っていても仕方がない。ここから先は閲覧注意!

 この素敵な時間の最中、空気が全く読めない私の下腹部が急にキリキリと差し込み始めた。「嘘だろ」と思ったが、痛みは鑑賞の列を離れて個室に駆け込むことも考えねばならないほどだった。しかししばらくすると、よくあることで痛みはおさまってきた。周期的に襲ってくる痛みの波と戦いながら、私は鑑賞を続けた。
 だがそれもそろそろ限界かなと思い始めた頃、丁度うまい具合に展示フロアと展示フロアを繋ぐ休憩スペースに出た。トイレもある。急いでそこに足を踏み入れた時、二つある個室のうち、空いていた方のドアが閉まったところだった。解放感に身を任せる準備をし始めていた下半身を引き締めなおして、私はドアの前に立った。
 「その時」は案外早く来そうだった。手前の個室から「カラカラ」とペーパーをほどく軽快な音が聞こえてきたのだ。
「まだ早いぞ」
と、フライング気味のスタートを切りそうな下半身を戒めながら、私はドアが開くのを待った。
 しかし、本当の戦いはそこからだった。

カラカラ、カラカラ ────

延々とその音が続き、途切れないのだ。
「この潔癖野郎が!」
私の目は憎悪に燃えてドアを睨み付け、額からは脂汗がにじんだ。
 一巻き使ったんじゃないかと思うぐらいにその音が続いたころ、ようやく、勢いの良い水流とカチャカチャというベルトの音がし、ドアノブのカラーサインが小気味良い音を響かせて赤から青に変わった。やれやれと足を一歩踏み出しかけたその時、再びドアノブのカラーサインは「カチャッ」と音を立て赤に変わった。そしてまた、あの「カラカラ」が始まったのだ。
 こちらを油断させる見事な作戦。敵ながら天晴れ。まんまと嵌った私は白旗をも覚悟した。視界は狭まり、光を失い始めている。絶望の淵から身を投げようとした、まさにその時!神は私を見捨てなかった。私がここに来たとき閉まった奥の個室のドアが開いたのだ。私はあわてて駆け込み、ベルトを解く手つきももどかしく衣服の準備をし、無事、「その時」を迎えた。敗色濃厚だった戦いを制した私は、大きな安堵の吐息をつき、勝利の凱歌をあげた。鳴り響く天使のファンファーレが私を祝福してくれているようだった ────

 冷静さを取り戻したとき、隣からまだ聞こえている「カラカラ」の音の主に私は同情した。
 きっと彼は私以上に過酷な戦いを強いられているのだろう。使用している紙の量からして単なる潔癖症ではないだろう。凄惨を極めた現場で、一人悪戦苦闘しているに違いない。
 声にすることはできないが心からのエールを彼に送り、先ほど憎悪に燃えてドアを見つめ、心の中で罵詈雑言を浴びせたことをこっそり詫びた。


尾籠な話にお付き合いいただきすみませんでした。いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




 


スポンサーサイト
関連記事

Posted on 2015/08/30 Sun. 22:45 [edit]

category: エッセイ

HOTLINE2015終了  

 ホットライン2015のショップ予選が終わった。
 出場資格はアマチュアであることのみという、門戸の広いバンドコンテストだけあって、私たちの次に出たのは小学生4人組のキッズバンド。お母さんたちもたくさん見に来ていて、会場はピアノ教室の発表会のようなムードで満たされていた。そこに登場した濃いおっさん4人組のバンド。あの子たちの目にはどう映ったのかなぁ。
 そんな経験ができるのはこのイベントだけなのでこれからも出続けてみたいな。

 いつもは自分たちで映像記録に残すんだけど映像は主催者側が撮ってくれるので、ビデオカメラ持っていかなかった。
 先日HOTLINEのホームページで公開された動画は音割れひどく、ちょっと鑑賞に堪えない。さらに間の悪いことに、持って行ってた録音機も不調で、録音レベルが極端に上がったり下がったりしてた。音源編集ソフトで調整はしたが、公開できるクォリティーにまで仕上げることはかなわなかった。
 まあ、自分たちの反省材料程度には使えそうなので、しっかり聴いて、9月のライブに生かせればと思う。

いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




 
 
関連記事

Posted on 2015/08/20 Thu. 00:12 [edit]

category: ライブ

WINDOWS10をいれてみた。で、こんなことがあった。  

 WINDOWS10への無償アップグレードをした。そのとき、ちょっとしたトラブルがあって、パニックになりそうになった。これから導入する人にも同じことが起きるかもしれないので参考になれば・・・・・
 出たばかりのOSはバグだらけってのが普通だから、予約していたもののずいぶん迷っていた。
 わたしのPCの最重要用途は、バンドの録音音源データの編集なのだが、それをするためのソフト(Cubase6)を作ってるスタインバーグ社は、「10との相性確認が済むまでインストールを見合わせるように」とアナウンスしている。しかしそれを待っていれば無償期間が終わってしまいそうな気がして、「ダメだったら元に戻せばいいや」とアップグレードに踏み切った。
 8にはスタートメニューがないのがずっと馴染めないでいたのと、10はアプリが全画面ではなくウィンドウで扱えるのが魅力だったから。それに今回の10への全世界統一無償アップグレードサービスは、マイクロソフト社の命運をかけたもののはずで、こけたりしたらMicrosoftは終わる。だからバグは最小限に抑えられているだろうと考えたからだ。

 で、まずはダウンロード。相当時間がかかるだろうと思ってたダウンロードだが、先述のWi-Fi子機のおかげか、予想より早く終わった。
 インストールも完了し、ドキドキの初起動。

login.jpg


 おー!なかなかクールなログイン画面やん。
 パスワードを入力、と。 
 ん?
 キーボードが反応せんぞ!?
 全く入力できんがな!
 落ち着け落ち着け
 えーと、マウスは動くな。よし、再起動や ──────
 あかん! 同じや!
 どうしよう?8に戻すか?
 イヤイヤイヤ!
 ログインできんかったら、それもできんがな!
 おいおいおい!!どうするねん!!

 なんや、これ?サインインオプション?
 暗証番号(PIN)とパスワードの切り替えボタンか
 (クリック)
 お!?
 入力できるぞ!!
 良かった~~~

というわけで、無事ログイン。以後はこの現象は出ない。
 使ってみての感想は、それ専門のサイトがあちこちにあるので詳しくは書かないが、全体的に軽くなった印象。それとスタートメニューの復活はうれしい、ぐらいかな今のところ。心配していたCubaseも問題なく動作が確認できた。
 使ってるお絵かきソフト(Paint Shop Pro)は再インストールが必要だったが、他に使えなくなったソフトはない。
 新しいブラウザのMicrosoft EdgeではU-next配信の動画(アダルトやないぞ。普通の映画!・・・・たまに見ることあるけど。アダルトも・・・)が見られないが、もちろんインターネットエクスプローラーも動くので問題ない。
 2日間ほどは起動の時に時間がかかることもあったが(アップデートため)、落ち着いてしまえば8より速い。

 10にしてよかった~と強く思うほどではないが、私の場合は入れてみて損はなかったかな。



いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




 
 
関連記事

Posted on 2015/08/13 Thu. 23:18 [edit]

category: 生活

墓参り  

 先日一足早い里帰りをしたとき、墓参りもしてきた。盆暮の墓参りは親父と一緒に掃除をするのが常だった。しかし、今年は一人で行った。
 親父は2年前にがんの摘出手術を行い(過去記事「親父の肩越しの月」「親父の背中」参照)、手術そのものはうまくいったのが、それ以来体調が思わしくなく、私が帰ったときも発熱していて、墓参りなど到底無理な状況だった。
「これからはお前の仕事やな」
ベッドの中から親父はそう言った。
 我が家の墓は2か所にある。なぜそんなことになっているのか詳しくは知らない。そのうちの一つはとても古いもので、河原のあまり整備されていない墓地にある。そんなに広い墓地ではないが、何度来ても我が家の墓石がどれなのかよく分からない。一人で来てうまく見つけられるか少し不安だったが、それは杞憂に過ぎなかった。少しも迷うことなく墓前にたどり着いた。
「お導きかな」
そんな風に思う自分を少し嗤った。haka1
 連日おかしくなりそうなほど暑かった空気が、急な夕立が来て、墓参りに出かける時刻にはここのところ味わうことのなかったひんやりしたものに変わっていた。川面から吹き上げてくる風が心地よく、また、雨水で土が柔らかくなり雑草を引き抜くのも楽だった。それもこれも墓の下で眠る先祖たちの計らいのような気がしたが、日頃不作法ばかりしている私を先祖たちがそんなに盛大にもてなしてくれるはずはなく、都合よくできてる自分の思考回路にまた苦笑した。
 掃除を済ませ、しきみを活け、線香を供え合掌した後、写真に撮った。墓を撮るなんてあまり趣味のいい話じゃないが、来年も迷わずにたどり着けるかどうか自信がなかったのと、墓参りに来にくくなった父母に、せめて写真でお参りさせてやろうと考えたからだ。帰って父母に写真を見せると喜び、掌を合わせてくれた。
 もう一つの墓は翌日に参った。ここは家から歩いて数分のところにある寺の墓地にあり、住職が代替わりしたのを機にきれいに整えられ、掃除もまめにしてくれているので暑くても平気だろうと、夕刻ではなく日中に行った。
haka3 樒を活けているとき、墓石の土台が割れているのに気が付いた。どうしたのかと思っていると、住職が大きな体を揺さぶりながら近づいてきた。この割れについて説明しに来てくれたのだった。住職によれば、石のひび割れに水が浸み込み、その水が冬の寒さで凍って膨張し、内部から破壊してしまうことがあるそうで、凍害というらしい。石屋に言えば継いでくれるからと、出入りの業者の電話番号を教えてくれた。
 家に帰って父母にこのことを説明し、修復の手配をした。石屋の事務員と電話で話しながら、私は少し複雑な思いを抱いていた。
 親父は元々寺の出で、我が家の仏事の一切を取り仕切ってきた。その親父を差し置いて、私が墓の掃除をし石屋の手配をしている。そのことに少しの寂しさを感じていた。私と親父の年齢を考えれば、とっくにそんな時が来ていてもおかしくはないのだが、私は郷里を離れて暮らしているので、たまに帰る実家に流れている空気はいつまでも私を少年時代と同じように扱う。私も当たり前のようにその空気を吸ってしまう。
 あまり寝室から出てこない父と腰が曲がってきている母、そして自分のこれからを本気で考えなければならない時がきている。そのことに、ようやく気づかされていた。

 「これからは、お前の仕事やな」
ぽつりとこぼした親父のこの言葉を、私は改めて噛み締めていた。 


いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




 
 
関連記事

Posted on 2015/08/10 Mon. 18:53 [edit]

category: エッセイ

thread: 雑記 - janre: 日記

効果絶大!Wi-Fi子機  

 我が家のインターネット環境はケーブルテレビのインターネットサービスに無線LANで繋いでいる。以前はルーターが私の部屋に設置してあり、私のPCは有線でつながっていたので、ストレスフリーだった。だが、先日のケーブルテレビの工事(記事「なんてありがたい」)の折りに、ルーターが一階のリビングに移動したために、安定度がかなり落ちた。回線スピードが3倍(40Mbps→120Mbps)になったのでまあ仕方ないかと思っていたが、接続が不安定なのは実にストレスだった。
 今日何気なく立ち寄った電気屋でハイパワーな子機を見つけた。送信元の親機を換えず外付けアンテナ型の子機を装着して、果たして本当に謳い文句ほどの効果があるのかどうか、ちょっと怪しいなとは思ったが、物は試しと、買ってみた。
 早速取り付けてみると、その効果たるや絶大!受信感度を表すアンテナマークは常にフルで立っていて、スピードを見てみるとたまに40Mbps程度に落ちるが50~70Mbpsが安定して出ている。もっと具体的にいうと、Yahoo!のトップページは瞬時に、U-NEXTなどの動画配信サービスのような画像の多いページも2~3秒で表示される。2時間を超える容量の洋画の動画を見ていてもバッファリングで止まることはない。
 これはいい買い物だったと思う。
 一戸建てなどで無線LANを構築しているが、接続スピードに不満を持っておられる方にオススメです!!


いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2015/08/09 Sun. 18:01 [edit]

category: おすすめギア

25回目の夜  

soen2 25回目の結婚記念日を先日迎えた。銀婚式というそうだ。
 銀婚式だとか金婚式などというものは、「じいさん、ばあさんのお祝い」だとずっと思っていたが、自分もどうやらそういう年代に入ってきたんだと、改めて思う。
 翌日、実家に向かう長距離運転を控えているので、帰ってきてからお祝いをするつもりだったのだが、何もないのも味気ないので、ふと思いつき、以前ここで紹介したMUSIC CAFE SOENにジャズライブを見に行ってみることにした。
 その日はピアノとベースのデュオだった。無料ライブなのでそんなに大きな期待をしてはいなかったが、なかなか楽しかった。
 のんびり、ふんわかしたムードを漂わせた河野多映さんのピアノと、クールな印象の斉藤敬司郎君のベースが紡ぎ出すリズムはタイトで心地よく、河野さんの手によるオリジナル曲の旋律はとても美しく、同時にスリリングだった。

 25回目の記念日の夜は、まあまあだな

なんて、自分の思いつきがちょっと誇らしかったかな。


いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2015/08/09 Sun. 03:24 [edit]

category: 生活

暑中お見舞い申し上げます  

 大変ご無沙汰いたしております。
 日本列島はどこもかしこも猛烈な暑さに覆われてますが、皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか?
 ほんとに暑さでおかしくなりそうですね。
 かく言う私もちょっとおかしくなっているようです。


 家の給湯器が随分古くなってきたので、交換した。
 冬場ではないこの時期に購入すると安くなるという、営業マンの口車にまんまと乗せられたような気もするが、いずれ考えなければならないことだし、冬場にお湯が出ないという惨事は避けたい。
 で、数日前に取り付け工事を終えたのだが、この暑さで、湯船に湯をはらずシャワーで済ましていた。しかし今日は何となくお湯をはってみた。完全に給湯しきる前にすでに風呂場にいたので、リモコンから流れる「お風呂がわきました」というガイドボイスやメロディは湯船につかりながら聞いた。



「ん?この曲は?聞き覚えがあるぞ」
このクラッシックの名曲が判別できない時点で、おかしくなっていることに気づくべきだったかもしれない。
「─── そうか!『千と千尋の神隠し』の『いつも何度でも』だぁ~。そうかぁ~。お風呂と湯屋のシャレかぁ~。リンナイもいきなことするなぁ」
 思わぬ発見をしたと思いこんだ私は、一人悦に入っていた。
 風呂からあがった私は、リビングにいた妻に得意気にこのことを話すと、妻は乾いた声で
「カノンやろ」
と私の誤解を一蹴した。
 その通りだった。パッヘルベルのカノンだ。幾らテンポが速くなっているとは言え、この聞き違えは酷い。

 「暑さにやられてるのかな」と、ちょっとブルーになった私を救ってくれる動画を発見した。
 この2つの曲の相似は誰もが気づくことらしい。





いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2015/08/04 Tue. 23:00 [edit]

category: 生活

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。