ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

WEASE春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演決定!!
日 時 2017年5月28(日)14:00開場 14:30開演
会 場 LIVE SONGS
所在地 愛知県名古屋市中区新栄1-12-30 ホワイトプラザB1

詳細はホームページLive infomationをCheck it out!!
ホームページはこちら

幸運を呼ぶ雲  

saiun

 不思議な雲を見た。

 私は仕事で屋外に出ていた。ふと見上げた抜けるように青い空に、ぽっかりと雲がひとつ浮かんでいて、その雲全体が虹色に輝いてる。その光景は実にファンタジックで、夢の中の一コマのような気がした。
 暫く見とれていたかったが、仕事の手を止めるわけにもいかず、見ていたのはほんの数秒のことだった。しかし、私の目にその不思議な美しさはしっかりと焼き付いた。

 調べてみると、あの雲は彩雲と呼ばれ、虹と同じ原理で生ずる大気光学現象の一つらしい。しかし、ネット上で見る画像の殆どが大きな雲の一部が虹色に輝くもので、私が見たような、一つの雲が丸ごと虹色に輝いている彩雲は、あまり見つけることができなかった。カメラを持っていなかったのが悔やまれる。(笑)

※添えた画像はネットで見つけた写真を加工したもの

 彩雲は別名「瑞雲」や「慶雲」とも呼ばれ、古来より幸運をもたらす瑞兆として親しまれているそうだ。阿弥陀如来が菩薩を随えてこの世に現れる様子を描いた来迎図には、阿弥陀如来達が雲に乗っている様子が描かれているが、その雲を「五色の彩雲」というらしい。
baby 
 数日前、姪が初めての子供を出産し、彩雲を見たこの日の夕刻、私はその子に会うために郷里に帰る予定をしていた。仕事を終えてからの帰郷で、実家に着いたのは深夜だったから、近くに嫁いだ姉の家に帰っている姪とその子に会うことができたのは翌日になった。
 おっぱいを飲んだ直後で、満足そうにしている小さな体からは、生きることへの瑞々しい力が溢れ出ていた。
 その子をだっこしたとき、信じられないくらい軽いくせに、信じられないほどのエネルギーを感じ、
「あの瑞雲がもたらしてくれるのは、きっとこの子の幸せに違いない」
そう私は深く信じた。




いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ





 
関連記事

Posted on 2015/05/24 Sun. 02:00 [edit]

category: エッセイ

炭水化物とウォーキングと珈琲と  

 朝寝坊した私は朝食が朝昼兼用となった。
 そういう時は決まって少し食べ過ぎてしまう。今朝もインスタントラーメンとチャーハン。炭水化物祭となってしまった('ω';) で、今日はウォーキングの距離を少し伸ばすことにした。
 復路で美味い珈琲が飲みたくなった私は、太秦にある喫茶店のことを思い出した。
 その喫茶店は、私が郷里を離れ京都で暮らし始めたときに通っていた予備校の年配の講師が、京都で一番珈琲が旨い喫茶店だと教えてくれた店の支店だ。
 当時の京都も今と同じようにカフェブームだった。流行っていたのは「からふね屋」というカフェで、京都のあちこちに支店を展開していた。広い駐車場もあるような、今で言うスターバックスのような大型店だ。
 その講師は私たち予備校生にこんな話をしてくれた。
「珈琲というものは、上手く出すにはそれなりの修業が必要で、からふね屋のようなアルバイト店員が淹れた珈琲をありがたがってちゃいかん。京都で一番旨い喫茶店を教えてやる。寺町京極にあるSmart Coffeeという店だ。君たちももう大人なんだから、本物にもっと触れなさい。」
 当時から珈琲好きだった私はすぐに行ってみた。京都で一番かどうかは知らないが確かに美味いと思った。
 そのSmart Coffeeの出店が太秦キネマストリートにあるのを去年発見していた。気にはなっていたがまだ行ったことがない。距離を延ばす目的地にちょうどいい。私は足取り軽く渡月橋を越え、三条通へと向かった。
 太秦キネマストリートに入ってきょろきょろしながら歩いたのだが、どこにあったか忘れていて、結局、見落としたのか発見できないまま通りを出てしまった。(家に帰ってから調べてみると、キネマストリートに入る手前の三条通に面した場所にあった。なんたる失態!(>_<))
 仕方なく自宅近くの喫茶店に目的地を変更した。だからronde休憩なしのぶっ通し、2時間強のウォーキングとなった。
 その喫茶店も美味い珈琲を飲ませてくれる。西京極球場すぐ近くの ROND.E(旧「萩」)という、手作りハンバーガーが絶品の店だ。ハンバーガーも食べたかったが、朝食のカロリー消費が目的だったことを思い出し、ぐっと我慢した。

 家に着くと、妻が、先日破けたパジャマの(この話はまた後日)代わりを買いにユニクロへ行こうと誘ってくれた。
 買い物を済ませた帰りの車中、
「今日の夕飯何にする」
と問われた私は
「イタリアンがいいな」
と答えた。
 我が家でイタリアンは、パスタとピザのセットを指す。
 食卓に並んだ妻の手製パスタは、朝食以来何も食べてない私の腹具合を勘案してくれた、超大盛り。もちろんぺろりと平らげた。

 あ~あ…。結局夕飯も炭水化物祭だった。炭水化物は麻薬だな────


※写真引用
京都|奈良でお茶してまーす


workout150517

本日の記録

距離 14.48km
時間 2:23:19
平均ペース 9:54min/km
消費カロリー 875kcal



いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事

Posted on 2015/05/17 Sun. 20:16 [edit]

category: エッセイ

thread: フィットネス - janre: ヘルス・ダイエット

午後の喫茶店  

 読みかけの文庫本と煙草を鞄に入れて、車のイグニッションキーをひねった。

 連休の最終日、特に用事もなく、私は暇をもてあましていた。
 妻を伴って名画座にでも行こうかと思っていたが、妻は趣味にしているトレーニングジムに行ってしまい、一人で行ってもいいのだが何となく気が向かない。
 のんびりうまい珈琲でも飲んで過ごそうと、あれこれ喫茶店を思い浮かべた。そのうちに、学生時分、一人でバイクツーリングに出かけたとき、時折立ち寄った店が今の住まいのすぐ近くにあることを思い出した。
 当時私は中型バイクに乗っていて、天気の良い休日にはよく京都近郊をバイクで巡った。いくつかのお気に入りコースがあって、立ち寄る喫茶店も決まっていた。その中の一軒が、今の住まいの割と近いところにあったのを思い出したのだった。
 私の記憶の中のその店は、別に洒落た店でも何でもなく、どちらかといえば雑然としていてあまりきれいな店ではなかった。ただ、珈琲が素敵に旨く、壁際に置かれた本棚には週刊誌やコミックスが並んでいて、時間だけは沢山あった当時の私にはちょうど良かった。
 妻と暮らすようになっても喫茶店には相変わらずよく行くが、その店には立ち寄ったことがない。何年か前に綺麗に改装されたが素っ気ない外観で、近所のおじさんおばさんの集会所になっているような感じがしたからだ。そういう昭和の色濃い店も嫌いじゃないが、ふらりと立ち寄った者に居心地の悪い視線を向けてくる常連客がいたりすることがあって、女性と二人連れだとなかなか入りづらい。
 だけど今日は一人だし、そういう飾り気のない店で過ごすのもいいなと思い、車のハンドルをその店に向けた。

soen1 店のドアを開けて私は驚いた。
 広々とした店内には落ち着いたジャズが流れ、一角には小さなステージが組まれドラムセットが置いてある。その横には小振りのグランドピアノがあり、壁には数本のセミアコースティックギターが掛けられている。蓋の閉じられたピアノの上には、時々ジャズライブが行われてることを書いた告知板がセットされた小さなイーゼルが置かれている。
 懐かしさを期待していた私はちょっと裏切られた気もしたが、それはとても嬉しい裏切られ方だった。
 あまりの意外さにしばらくきょろきょろしていると、soen2無愛想なマスターが注文を取りに来た。時折来ていたとはいえ、30年ほど前のことだし当時も親しくしていた訳ではないので、勿論私のことは覚えていない。
しかし、出された珈琲はやはり旨い。
 持ってきた文庫本を取り出し、私はすぐ物語の世界に没入した。途中、2杯目の珈琲も注文した。
 心地よいジャズの音色と珈琲の香りに包まれて、私の午後はゆっくり過ぎていった────


Music cafe SOEN


いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

Posted on 2015/05/06 Wed. 16:53 [edit]

category: 京都

ライブ終了~  

 大宮グッドフェスティバルのライブが終了した。
 朝からの雨で「お客さん入るかな」と心配したが、想像以上の人数で客席は埋まり、ありがたいことだと胸をなで下ろした。
 最近、WEASEはフェスティバル系のステージが続いていて、野外だったり音楽ホールではない場所だったりで、ライブハウスでのステージは久しぶり。
 今回出演したBlue Eyesって店は初めてだったが、やっぱりいい機材があり腕の確かなエンジニアがいるライブハウスはいい。演奏者に向けられたモニタースピーカーからは、全員の楽器の音と歌声がバランスよくクリアに聞こえてくるので、演奏がとてもしやすい。
 リハーサル全くなしのぶっつけなので(ライブハウスとはいえ、ここら辺りがフェスならでは(^_^;))、事前にこちらの意図を二言三言伝えただけだったから若干の不安があった。しかし見事にミキシングしてくれたようで、ステージがはねた後で、客席の知人にどうだったか聞いてみたが、一様に皆、よい音で聞きやすかったと好評だった。
 また、オリジナルだからエンジニアにとって初めて耳にする曲であるのに、ミキシングだけでなく、照明も曲の起伏にあわせてエキサイティングな演出をしてくれて、テンションはあがりっぱなしだった。
 ちょっと驚いたのが、照明にLEDをたくさん使っていたことだ。時代だなと感心するとともに、ライブハウスの照明は日焼けするほど強烈なのが普通で、ステージに立つと暑くてたまらないことが多いが、LEDはそれがないので助かるなと思った。

 ステージを終え、客席でのんびりしていると、ライブハウス側からうれしい話を持ちかけられた。店主が是非これからも出演してほしいと言ってる、ついては連絡先を教えてほしい、とのことだった。
 たくさんのミュージシャンの演奏を聞いているライブハウスからオファーが入るのは、何度経験してもうれしい。
 ましてこの店のポリシーが、「チケットノルマをミュージシャンには課さない。ノルマ課す店はライブハウスじゃなくて、でかいカラオケボックスみたいなものだ。店はミュージシャンから金取るな。ミュージシャンは店に金を払うな。」という、今時珍しい、ちょっととんがった店であるから、尚のことうれしい。我々をきちんと評価し認めてくれたってことが分かるからだ。
 
 次のライブオファーがいつ入るかはこれからだが、店の期待に応える演奏で報いたいと思う。
 ライブの様子を記録した動画をYoutubeで配信しています。
 WEASEのホームページの”Movies"のコーナーで視聴できます。
 今回の動画は、音声をちょっと編集し、かなり高音質で聞けるようにしました。
 また、我々の演奏を初めて聞くって方のために、全曲タイトルと歌詞をテロップで入れてあります。
 どうぞご覧下さい。

 尚、スマホやタブレットでご覧の場合は、字幕をオンにしないと出ません。たとえば、iPhoneやiPadの場合は、Youtubeの再生画面で、右上の三つ点が並んでいるところをタップするとCCってのが出ますから、それをタップして字幕をオンにしてください。

 WEASEのホームページはここから


いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2015/05/05 Tue. 16:44 [edit]

category: ライブ

本番! ~大宮グッドフェスティバル~  

いよいよ大宮グッドフェスティバル当日となりました。
天気予報はあまり芳しくなく、野外ステージやフリーマーケットの状況が心配ですが、
フェス運営本部の公式発表によれば現時点(午前七時半)で、決行の予定です。
我々のステージは屋内会場。雨風の心配ご無用。
どうぞお越し下さい!


Blue Eyes 京都 タイムテーブル

12:00-12:30 レザニモヲ
12:45-13:15 ZETTAI
13:30-14:00 ジャガーハードペイン
14:15-14:45 paki
15:00-15:30 WEASE
15:45-16:15 HATE THE MOSQUITO
16:30-17:00 Atomic Stooges
18:00-18:30 柳瀬蓉
18:45-19:15 高松 豪
19:30-20:00 MOUTON
20:15-20:45 ソウルスターミウラwithジャズタリルビッツオーケストラ
21:00-21:30 AUX



会場マップBlue Eyes 京都
京都市下京区大宮通仏光寺下ル五坊大宮町93京都和装ビルB1F
TEL.075-366-3698
いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事

Posted on 2015/05/04 Mon. 00:00 [edit]

category: ライブ

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

tag: 京都  大宮グッドフェスティバル  大宮 

これか?悪質詐欺リンク発見  

 
 ブログとFacebookの連携をかけていて、記事の更新を自分のFacebookで知らせるようにしているのだが、最近うまくいかない。Facebook上で更新通知リンクは出るが、それをクリックすると警告文が出たり、スマホからだと酷い文字化け警告画面が出たりするようになってしまっている。私のブログが怪しげなサイト扱いを受けてしまっているのだ。まあ、ブログ管理人本人は怪しげかも知れないが…(^_^;)
 以前はこんなことはなかった。このブログシステムの運営本体のFC2が違法動画で摘発受けたことが影響してるのかなと思っていたが、FC2のFacebookもあり、それが問題なく閲覧できることや、同様の症状がほかで出ていないか調べても何も検索で引っかかってこないことから、一体なぜなんだろうと困っていた。
 最近変えたことは何かいろいろ考えていてふと思い当たった。
 以前利用していなかった、ブログの画像高速表示設定を少し前にonにしたことだ。これは、FC2ブログが提供しているサービスで、これを有効にすると、記事に載せている写真を高速に表示してくれる。そのかわり、記事の下に数行の広告リンクが出る。これが原因かと、あまり気にとめていなかった広告リンクを見て愕然とした。明らかな詐欺サイトの広告が出ている。記事を最低3000円で買い取るというのだ そんなうまい話があるはずがない。毎日複数の記事を書けばそれだけで生活できる。プロのライターだって食えてる人はそう多くないのに、この会社のシステム使えば誰だって一流ライターってことになる。
 試しにクリックしてみると一見健全そうなサイトへと飛ぶ。中身を読んでみても「一切金はかからない」「何も販売しない」と健全さをアピールする文面が目立つ。しかしこの会社のシステムがビジネスとして成り立つはずがないのは明らか。
 そこでこの会社を調べてみると、同じように疑いを持った方の、このサイトに潜入してみたとのブログ記事を発見した。
 その方の記事よれば、登録すると記事を送るためのツールを1820円(微妙な値段設定!)で買わないとだめで、それを買ったからと言って、記事買い取りを約束するものではないと言われるそうだ。おまけに毎月そのツールのバージョンアップ代がかかるそうで、あれだけ何も販売しないと言っておきながら、入り口で詐欺発覚(笑)
 まあこんな幼稚な詐欺に引っかかる方がそんなにおられるとも思えないが、ホームページは本当にうまくできているので、何人かは引っかかるのかも知れない。皆さん、ご注意を!
 やはり、私のブログの画像高速表示設定と引き替えに表示される広告リンクは、詐欺リンクだった。時間が経てば別のリンクが出るが、いずれも詐欺っぽいリンクやオンラインカジノなど、怪しげなリンクばかり。
 これらのリンクのせいでFacebookとの連携がうまくいってないのなら、腹の立つことだ!仕方ないので、画像高速設定をoffにしたが、5月8日までは、広告が出るとのこと。Facebookとの連携がうまくいくかどうかはそれまで分からない。
 うまく復旧するといいなぁ。

※トラックバック記事 

こんなサイトを見つけましたあなたが書いた記事をお売り下さい。1記事あたり最低3000円で買い取らせていただきます。なんとなんと、超優良案件発見か!?1件3000円以上!?費用は一切かかりません!?最低文字数10文字・・!?募集人数には限りがあるので、先着順・・・!?いやいや、こんなおいしい話あるわけがない。10文字3000円で買い取られるならこれだけで余裕で生活できますよ。先着順で人数限定ってところも謎です。いつも...
買取∂に登録してみたら悪徳サイトだった


いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ





-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2015/05/03 Sun. 08:24 [edit]

category: ブログについて

ベースの原体験  

 ネット上でおつきあいのあるハンドベル奏者のブログで、懐かしい曲に出会った。
 亡き王女のためのパヴアーヌ
 「ボレロ」で知られるラヴェルの曲だが、私が生まれて初めて買ったJazzのアルバムに入っていて、初めて聴いたのがそれだったため、長くJazzの曲だと思っていた。あれは、高校生の時だったか─────

 Art Farmer(フリューゲルホルン)とJim Hall(ギター)の、今風に言えばコラボアルバム「BIG BLUES」というアルバムだった。JAZZなんてよく知らない田舎の高校生が、なぜこのアルバムを買ったのか今となっては定かではないが、繰り返し繰り返し聴いたのを覚えている。

 レコードは今も持っているはずだが、我が家はもうレコードプレーヤが無く、聴くことができない。仕方なくYoutubeで当時の音源を探してみると、案外簡単に見つかった。
 改めて聴き直してみると、主役の二人はもちろんだが、Steve Gaddのドラムはかっこいいし、 Mike Mainieriのビブラホンも例えようもなく美しい。(なんと、当時の私はこのアルバムに登場する綺羅星の如き偉大なミュージシャン達を、誰一人として全く知らなかった。(汗))
 そして、我ながら少し意外に思ったのは、Michael Moore (映画監督やないですよ(笑))が弾くベースラインを40年近く経った今でも覚えていたことだ。
 当時の私はベースを弾くなんて思いもよらないことで、自分の部屋で一人フォークギターをかき鳴らす程度の、ごく普通の音楽好きの子どもだった。だから、ベースラインを追いかけて曲を聴くなんてしたことはなかったし、あまり興味もなかった。その私がこの曲のベースラインは、割と細かい部分まで覚えていた。
「もしかするとオレのベースの原体験に当たる曲だったのかも知れないな」
なんて、ちょっと「一人ロマンチック」(笑)な気分に浸りながら、聴いた。

 CD出てるみたいだし、買い直そうかな────





※トラックバック記事

土曜日の『シャンソン歌手・別府葉子さんの東京ライブ』に続き日曜日は『関東ハンドベルフェスティバル』と音楽三昧の週末でした。各チーム持ち時間10分で朝から晩までの10部構成となってます。学生チームやOB・OGチーム、一般まで様々な環境の方たちがエントリーされています。6人のチームもあれば23人のチームもあり…
クララな気分 - 『Pavane』



いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事

Posted on 2015/05/02 Sat. 14:46 [edit]

category: 音楽雑感

thread: お気に入りの曲♪ - janre: 音楽

What's New?

Comments+Trackback

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

文字を大きく・小さく

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile