ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

巨星、墜つ・・・  

フラメンコギターの巨星、Paco de luciaの訃報に接した…
黙祷を捧げたい






ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!



スポンサーサイト
関連記事

Posted on 2014/02/28 Fri. 00:00 [edit]

category: 未分類

二条城  

 天気がよく暖かなので、二条城に行ってみた。二条城を選んだことに特別な理由はなく、なんとなくふらっと。ここは、小学生の時の修学旅行で訪れて以来で(当時私は兵庫県に住んでいた)、大人になってからは一度も入ったことはなかった。
 唐門の壮麗さにまず驚いた。
nijyojyo1
 二の丸御殿の正門に当たるこの門には、極彩色の彫刻が施されていて、家康や家光の威光が偲ばれる。日光東照宮に似た豪華絢爛さだ。

 唐門をくぐると二の丸御殿がある。
nijyojyo2
nijojo4
 ここは各地の大名が将軍に拝謁をした場所で、外観は武家の屋敷らしく簡素な感じであるが、内部は随所に素晴らしい装飾が施されていて、流石将軍の屋敷だと思わずにはいられない。また、案外モダンなデザインの装飾が多いのにも驚いた。(建物内部は撮影禁止なので撮ることはできなかった)
 いろいろな部屋を見ながら長い廊下を歩くのだが、その床は鶯張りになっていて歩くと軋む。その音は実に軽やかで、不快な感じは全くなかった。鶯と言うより小鳥のさえずりのようで、心地いいほどだった。軋み方にも細心の工夫がなされているに違いないと思った。
 侍姿の人形が置かれ、当時の様子を再現している場所もある。それを見ていると、近くにいた観光客が
「なんか、えらいさんが居てはる部屋なんやな」
と感想を漏らしていた。その言い様がおかしくて、思わず吹き出してしまった。しかし歴史的なモノをぐっと身近に引き寄せる言い様で、「えらいさんかあ。そんな言い方、嫌いじゃないな」とも思った。

 二の丸を出て庭園を歩いていると、そんなに多くはないが、瓦に立体的な可愛らしい装飾がされているところがあることに気付いた。
nijyojyo3

 写真は向日葵だろうか。こんな装飾瓦は見たことがない。ここにも二条城のモダンさがあった。

 ここに歴史上の人物達が確かにいて、この景色を見、歩いていたのだと想像すると、とても楽しい。
 ほんの気まぐれでふらっと来てみたが、想像以上に楽しめる場所だった。
 世界遺産恐るべし(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!



 
関連記事

Posted on 2014/02/23 Sun. 23:40 [edit]

category: 京都

Hang ~こんな楽器知らなかった~  

 私は知らなかったのだが、ハングドラム(Hang)という楽器らしい。
 音色や構造からするとスティールドラムの一つに分類される楽器なのだろうと思う。
 スティールドラムは、手作り感を前面に押し出して、どちらかと言えばHonky Tonk的な少しチューニングの甘い感じがあるが、このHangはその部分を見直して、楽器としての洗練度を高めた感じがする。(とは言え、一枚の金属板でいろんな音階を出すという構造上、多少のチューニングの甘さは残るが)
 スティールドラムはその音程の甘さが、南の島のゆる~い時の流れを感じさせてくれる気がするし、Hangは他の楽器とコラボしてもしっかりとけこみながら、独特の存在感を放ちそうな気がして、とてもおもしろいと思う。
 最も上の部分を叩くとベース音が出るのは楽しい。同じベース音が続くペダル的な展開に限定されてしまうのかも知れないが。
 また、裏面を叩くときのミュート音もパーカッシブな音色が出せて、これまた面白い。
 民族楽器に見えながら、きっととても新しい楽器なのだろう。


 



ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!


関連記事

Posted on 2014/02/21 Fri. 23:02 [edit]

category: パフォーマー

thread: ワールド・ミュージック - janre: 音楽

事物好転の波  

 昨日、ふと気がついた。

 いろんな物事が好転しつつある ─────

 昨日記したように、長年の懸案事項だったベースの音質の問題が解消しそうな見通しであること
 昨年の10月頃からずっとおかしかった耳の治療が、先々週、やっと終了したこと
 そして、出口の見えない問題に苦しんでいた、仕事上の課題が解決しそうであること

 後は ───── そうだな・・・・
 やっぱり左脚の問題かな。
 1月10日の記事で記した左足の怪我がまだ癒えない。
 歩いたり階段を上ったりしてもあまり違和感はないのだが、暫く座っていて立つときや、逆に、伸ばしていた脚を曲げようとすると、膝頭に妙な痛みが走る。ゆっくりでないと脚を曲げたり伸ばしたりすることが出来ない。
 今まで味わったことのない痛みで、どうも、単なる捻挫による炎症ではないようだ。病院で処方されたロキソニンテープをずっと貼っているのだが、治癒の進行が足踏みをしている気がする。
 もしかすると、半月板でも痛めてしまったのかも知れない。 
 
 今、私を包んでいる「事物好転の波」にのって、このトラブルも一気に解消しないかな。

 甘いか ───── (笑) 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!
関連記事

Posted on 2014/02/16 Sun. 13:40 [edit]

category: 生活

thread: トラブル - janre: コンピュータ

ピックアップ交換 BartliniからEMGへ  

pu

 BassのPU(ピックアップ)の調子がずっと悪かった。(PUとは、弦の振動を拾う、マイクのような働きをするモノで、エレキ系の弦楽器には必ずこれがついている。これが故障すると、全く音が出なくなってしまう。私のベースの様な、Jazz Bass系のBassの場合、フロントPUとリアPUの2つのPUがついている。)
 20年以上使っているので、特にフロントPUの経年劣化が激しくて低音の音成分が弱く、リアとのバランスがとても悪かった。
 まあ私の場合、リアPUを多用するので、フロントの不具合には目をつぶってきたところがある。
 私のベースはMoon社製のJJシリーズで、PUはBartlini(バルトリーニ)社製が取り付けてある。(現行モデルは知らないが)
 このPUは、芯の太い、粘りのあるネトっとした音が出るのが特徴で、メロディアスなフレーズを弾くのには適しているのだが、歯切れのよいベースラインを弾くのにはあまり適していない様に感じる。
 WEASEでは歯切れの良さが求められるフレーズを弾きたいことが多いので、丸い音の出るフロントのボリュームを下げて、硬い音の出るリアを強調し、PUの特性をカバーしたセッティングをしてきた。だからフロントPUの不具合には気がついていたが、まあいいかと自分を誤魔化してきた。
 しかし、2つのPUで同じ音量を出せないとハンバッキング効果(ハムノイズ低減効果)が得られないし、フロントが弱いとスラップ奏法(親指で弦を叩いて演奏する奏法)の場合、ペラペラな音になってしまうので、今日、思い切って交換することにした。

 そこで、Bartlini社製でなく、少し値が張るがEMG社製のPUを取り付けることにした。
 EMGのPUは、素直で輪郭のはっきりした音が出るのが特徴で、すっきりした音を出したいという積年の願望が実現できるはずだ。
 まだ不具合の出てなかった頃にも、音質を変えたくてPUを他社製のモノに交換することを考えたことがあるが、初めて買ったBassをいろいろ改造して、結局思い通りの音にならなかったという苦い経験があるので、交換には二の足を踏んできた。
 しかし、せっかく交換するのだし、いいチャンスだと考えることにした。

 来週末には大変身を遂げた愛機が戻ってくる。
 楽しみ~~~~~~~~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!
関連記事

Posted on 2014/02/15 Sat. 18:29 [edit]

category: おすすめギア

thread: トラブル - janre: コンピュータ

びわこジャズフェスティバル2014 出演決定  

音楽の風が吹く街 ─────
春のそぞろ歩きを一緒にいかが?


びわこジャズフェスティバル2014 in 東近江
 ●WEASE出演情報
  ★4月19日(土)13:30~14:10
  ★スマイルネットステージ(近江鉄道八日市駅下車。東へ850m)
    ※WEASEのホームページに会場マップを載せています

 東近江市で毎年開催されているびわこジャズフェスティバルも今年で6回目を数える。
 フェス自体は4月19日(土)と20日(日)の二日間に渡って行われる、手作り感満載のとっても楽しいイベントだ。
 メイン会場となる市役所前の大駐車場に設営される野外ステージを始め、八日市駅へ向かう近江鉄道の列車内、駅の構内、歩行者天国となるメインストリート沿いの路上ライブ会場、ライブハウスと化すレストラン等々、街中の至る所で熱い演奏が繰り広げられる。メイン会場では地元の名産が集合するフードコートもある。
 街中がステージというステキなイベントに、WEASEは2009年の第1回目からずっと出演させていただいている。
 過去5回の全て、ホールやレストランという室内会場で天候の心配なく演奏させていただいてきたが、せっかくのストリート系のイベントなのだから、野外会場で空に抜けていく音を楽しみたいと思ってきた。今年はその念願が叶い、歩道沿いの完全なストリートステージを割り当てていただいた。

 このステージは、WEASEにとって記念すべき20回目のライブになる。
 2009年の第1回びわこジャズフェスティバルのステージが、初舞台。そして節目の20回目をまた、びわこジャズフェスティバルで迎えるという偶然。なんだか不思議な縁を感じてしまう。
 また今回はWEASEとしては初めての屋外ライブ。室内とはまた違った調整が必要な、新しい挑戦が始まる。
 気合い入れて、一発びしっと決めねば ─────



 桜の花びらが舞う春風の中、どこを歩いていても音楽が聞こえる─────

 そんな春の1日をあなたも一緒にいかがでしょうか?



bjf2014-2.jpg
※びわこジャズフェスティバル公式ホームページは上の画像をクリック
 


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!
関連記事

Posted on 2014/02/11 Tue. 01:01 [edit]

category: ライブ

thread: びわこジャズフェスティバル - janre: 音楽

American Dream ----- Zendee Rose ------  


 街のスーパーに置いてあったカラオケ機。
 ほんのいたずら心で歌った少女がいた。
 彼女は、その場にいた客達の足を止め、拍手喝采を得ただけではなかった。
 ネットに配信されるや、その歌声の美しさ、パワフルさが話題となり、やがて有名TV Showで全米デビューを果たしたのだそうだ。
 
 下の動画はその時のモノ。
 


神の賜物としか言いようのない彼女の歌声をどうぞ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!
関連記事

Posted on 2014/02/09 Sun. 00:41 [edit]

category: パフォーマー

thread: 音楽のある生活 - janre: 音楽

解決! 「IEのお気に入りが削除できない」  

 数ヶ月前からIEの「お気に入り」(ブックマーク)が全く削除できなくなっていた。
 右クリックして削除しても、数秒ですぐに復活してしまう。
 「お気に入りの整理」から削除しても同じだし、ショートカットが格納されているフォルダで直接削除しても同じ。IEを初期化してみても全く症状は改善されない。IEのバグかと思い、バージョンを下げてインストールし直してみてもだめ。 
 「ウィルスか?」
と思って、ウィルス対策ソフトで洗ってみたがウィルスは発見されない。 
 ネットで検索してみると、同様の症状で困ってる人もたくさんいて、いろいろその解決策が提案されているのだが、どれを試してみてもうまくいかない。と、いうより私が思いついてやったモノばかりだった。
 気にしなければそれでいいのかも知れないが、このままだとお気に入り項目が増える一方で、IEの起動時間が長くなることは避けられない。「お気に入り」どころか邪魔なショートカットの吹き溜まりってことになりかねない。
 と言うことは今後、お気に入りに登録するのはよほど慎重にならないとダメで、ちょっと不便だ。
 しかし、どうにもならなくて、いよいよWINDOWSの復元機能を使わなければならないけど、一体どの時点まで戻せばいいのかと思案していた。

 で、夕べ突然ひらめいた。

 iCloudか?

 iPhoneのSafariとiCloudでブックマークの連携をかけていることを思い出した。
 早速PCのiCloudのコントロールパネルを開き、ブックマークの連携のチェックを外し、再起動。
 IEを立ち上げて、いらないお気に入り項目を恐る恐る右クリックし、「削除」クリック。
 1秒、2秒、3秒・・・1分経過しても、削除したお気に入り項目は復活してこない。

 やれやれ。そういうことだったのか。
 便利だけど不便な機能だな。当分連携は切っておこうっと!



ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!
関連記事

Posted on 2014/02/08 Sat. 11:42 [edit]

category: 生活

thread: トラブル - janre: コンピュータ

布団の温み  

 ご存じの方はご存じですが、私WEASEのページとは別に、趣味のホームページを経営しています。いわゆる「オカルトサイト」に分類されてしまうサイトですが、不思議な出来事を集めたページで、本人は結構まじめにやっています。
 でも、ここ数年、とんと不思議な出来事には出会わなくなり、更新頻度はがた落ち。以前はたくさんあった投稿記事も殆ど無くなっているという始末です。

 数日前、ちょっと不思議な出来事に遭遇したので、そのサイトを更新しました。
 以下はその更新記事を、ブログ用に一部推敲したものです。


 20年近く前、いっしょに暮らし始めた三頭の猫(三頭とも同時に我が家に来たわけではなく、まず一頭の雄の野良猫と出会い、後に二頭と出会った。)は老齢のため順に他界し、昨年、長い間がんばってくれていた子も、とうとう旅立ってしまった。(ショウです。さすがにここで報告は出来てはおりませんでした)
 でも、三年ほど前の嵐の夜に子猫が裏庭でピーピーないていたので、
「今夜は嵐が来るし」
と妻に言い訳して家に上げてしまい、当然のことのようにそのまま飼うことになったので、未だ猫との暮らしは続いている。
 この子は、妻にはなついているのだが、私のことが苦手なようで、よほど気が向かないと触らせもしないし、どんなに寒い夜も私の布団の中に入ってくるなんてことは決してない。
「嵐の夜の恩を忘れたか」
と言ってはみるが、そんなことは知らんとばかりに、私の足音がするだけで逃げてしまう始末だ。

 先日、もう二時を回っていたが私はなかなか寝付けないでいた。
 目をつぶったまま、いろいろと考え事をしていると、あの子が私の布団の肩口にやってきて、中に入れろと肩の辺り布団を、砂を掘るような仕草でひっかいている。
「あれ?ドア、開けたままにしてたっけ?しかし、珍しいこともあるもんだ」
と思ったが、目を開けるとまたさっと逃げてしまうと思ったので、目は閉じたまま、黙ってゆっくり布団を持ち上げてやると、するすると布団の中に入ってきた。そして布団の中で私の胸の辺りから体の上に乗り、そのまま、開いた私の股ぐらまで移動して太股にもたれかかって体を横たえた。
 一番始めに我が家に来た子が、冬場よくやっていた眠り方だ。
 猫が居ることで布団の中のぬくみは増し、懐かしい感触に私はすっかり嬉しくなってしまった。
 暫くそうしていたがやっぱり落ち着かないようで、足の方から布団の外へ出てしまった。
 残念に思っていると、また肩口から布団の中に入ってきた。そして足元から外へ出るということを三度ほど繰り返した後、今度は布団の上から私の胸の上に乗り、ご飯の催促をする猫がよくやる、前脚で顔を圧す仕草をしていたか、そのうち片方の脚が口の中に誤ってグニュッと入ったときにはさすがに驚いて「うっ」と声を出してしまった。
 とたんに私の胸から降りて寝室のドアの方へと去っていった。そして、トントントンという、階段を下りていく足音。
 今日は一体どうしたんだと、ここで初めて私は目を開けドアの方に目をやった。

 愕然とした。

PIC237.jpg
 ドアはきちんと閉じられていた。
 もちろん私は恐ろしいなどとは感じなかった。旅立った子たちのうちの一番私になついていた子が帰ってきてくれてたんだと、むしろ嬉しい気持ちでいっぱいだった。
 別サイトで以前書いたように、私は旅立った猫たちの気配を感じることは、今までにも何度も経験していが、こんなにも濃密に、はっきりと接触できたことは初めての経験だった。

 現在いっしょに暮らしてる猫に好かれず、寂しい思いをしている私を慰めに来てくれたのかな・・・・(笑)




もし、こんな話やちょっと怖い話に興味がありましたら、サイトにお越し下さい。
リンク集にあるMysterious Talesというサイトです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援ありがとうございます!!
関連記事

Posted on 2014/02/03 Mon. 23:19 [edit]

category: ネコ

thread: 最近の出来事 - janre: 日記

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。