ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

WEASE春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演決定!!
日 時 2017年5月28(日)14:00開場 14:30開演
会 場 LIVE SONGS
所在地 愛知県名古屋市中区新栄1-12-30 ホワイトプラザB1

詳細はホームページLive infomationをCheck it out!!
ホームページはこちら

ライブ詳細決定 開始時間変更  

ARISTO MOUSAでのライブの詳細が送られてきました。
何とも面映ゆいタイトルがついています(^_^;)
お店の期待に添えるよう頑張らなくっちゃ!!

【※注※】
・オープン・及び演奏開始時間が30分早まっています!!
・WEASEの出番はトップ(18時)です

【アリスト注目アーティストセレクト!】

チケット1000円(1drink別)

OPEN/17:30 START/18:00

出演 : HOTNOTE/ CattyBear's Hound/ 宮本高行/ Wease/ ブラックこーしー/ mono./ NOTE


アクセス
〒615-0002 京都府京都市右京区西院東今田町40番地アシダビル1F

大きな地図で見る






ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

Posted on 2013/05/25 Sat. 21:15 [edit]

category: ライブ

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

GIG情報 続報2 ~出演時間決定~  

 ARISTO MOUSAの出演時間が決まりました

 我々WEASEは出演順トップになりました。
 日曜日のライブだから早い時間が嬉しいと、ブッキングマネージャーのN氏にお願いしたところ、快くトップ出演ということに相成りました。
 持ち時間は30分間とちょっと短めですが、当日は6バンドぐらいを予定しているらしいので限界でしょうね。

 現在の時点で決まっていることをまとめますと

Live at Aristo Mousa
日 時  6月9日(日) 開店 18:00 WEASE出演時間 18:30~19:00
料 金  1000円(+1drink別料金)

 ということになります。よろしくお願いします。





ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2013/05/21 Tue. 22:13 [edit]

category: 広報

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

GIG情報 続報 と おまけ  

ALISTO MOUSAでのライブの続報です

6月9日(日) オープン/18:00 スタート/18:30
チケット:1000円(1drink別)

出演バンド数、出演順は未定です。



 これではあまりにも情報が少ないですね。
 
 お詫びのしるし・・・・ってわけでもないですが、昨日の阿倍野の報告です。


 義兄の絵を見てきた。私が評を書くなどおこがましいが、少しだけ・・・

 絵を見たとき、最初に私の目に飛び込んできたのは印象的な青だった。よく見るとモデルの女性が着ているのは普通の、と言うか、どちらかといえば野暮ったい感じの服。靴下の指先は履き古して薄くなり、親指が透けている。
 周りに展示されている若い女性を描いた絵は、どれも美しい衣装を身にまとっている。その中で義兄の絵は異彩を放っている。
 印象的な青が伴って、貴族の肖像画が一般的な時代に庶民を描いたフェルメールの絵が想起された。


 展覧会を見た後外に出ると、少し強い風に乗ってどこからかケーナ(南米の民族楽器 縦笛)やチャランゴ(ダブル弦のマンドリンに似た楽器)アンタラ(パンフルート)の響きが聞こえてきた。
 音のする方向へ行ってみると、ペルー人と思しき二人の男性が路上ライブをやっている。
 アンタラの音色は澄んだ音の他にうなるような太い音もあり、彼のテクニックはおそらく超絶技巧と呼べるものなんだろう。二人の演奏技術はレベルが高く、動画の曲では歌ってないが、ハーモニーも非常に美しい。
 やさしい彼らの音色は、そこに立ち止まる人たち全てを癒していた。
 雑踏と風の音の中で彼らの音を聞いていると、リマかどこかにいるような気分になった。

 Sol de Los Andesという、日本で活動を続けているバンドらしい。





Sol de Los Andesのホームページ



ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

Posted on 2013/05/19 Sun. 14:59 [edit]

category: ライブ

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

義兄の絵  

kazushi_shimozu 義兄はこの春、退職を決めた。
 まだまだ定年には早い。
 理由は絵を描くため。

 中学校の数学教師だった義兄は、仕事に打ち込む一方で学生の時から独学で絵を描き続けてきた。その作品のレベルははとっくに趣味の領域を出ている。
 近年の義兄の作風はリアリズム絵画と呼べばいいのだろうか、髪の毛の一本一本を描くような超写実的作品になってきている。加齢によって衰えていく視力が、この先この作風にどれだけ耐えていけるのかという現実的な問題が、退職という道を選択させたのだろう。また昨年、日展に入選したことも、退職を決断させる後押しになったのだろうと思う。

 自分の夢の実現のために収入の道を断ってのめり込んでいく義兄や、多少は愚痴をこぼしながらも、笑いながらそれを支えようとしている私の姉。普段、ほのぼのと言うかのんびりとした空気感を出している二人だが、その空気の中に「凄み」が含まれてきていて、憧れを通り越して畏敬の念すら覚える。

 今、義兄(志水和司)の作品は近鉄アート館(近鉄百貨店阿倍野店9F)で開催中の白日会展に出品されている。(今月22日まで開催)

 

白日会ホームページ

近鉄アート館のアクセスマップ







ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2013/05/18 Sat. 12:13 [edit]

category: 広報

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

6月9日(日) GIG決定!!  

 久々のライブハウスでのGIGが決定しました。
 場所は6月に京都四条大宮にオープンするARISTO MOUSAというライブハウス。
 ホームページやaudioleaf(インディーズバンド試聴サイト)で配信している我々の音を聴いて、お店の方から出演のオファーをいただきました。大変有り難いことです。(もちろんブッキングライブです。我々の単独イベントではありません)
 いつお店がオープンするのか定かではないけれど、9日ということは、オープン記念イベントに近いものなのかも知れません。だとすれば光栄なことです。
 GIGの詳細は未定ですが、チケット代金はオープン記念で1000円らしいです。
 時間等が決まれば、またここで告知しますので、どうぞ、9日、予定に組み入れてやってください!!

ARISTO MOUSAの外壁の壁画
外壁に描かれている壁画だそう。きっと目印になる。

ARISTO MOUSAの場所
〒615-0002 京都府京都市右京区西院東今田町40番地アシダビル1F


大きな地図で見る




ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2013/05/17 Fri. 23:09 [edit]

category: ライブ

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

オリジナルケース  

bass_case ちょっと使えるサイトを見つけた。
 スマホ用のオリジナルシリコンケースを作れる会社。
 自分で写真を撮ってそれを送信すればいい。
 画像処理ができる人は、テンプレをダウンロードすれば思い通りのケースができるし、スキルがなくても会社の方でやってくれる。文字入れなども可能。
 会社に任せる場合も印刷前にイメージの確認をさせてくれるので、届いてみればちょっと違った、なんてこともなさそう。
 価格も送料無料(メール便・代引便の場合)で、2980円とリーズナブル。

 私は自分のベースのブリッジ付近を写真に撮り、iPhone5用のテンプレに貼り付けてみた。
 フランスの格言
“La musique double la vie”
(音楽は人生を二倍にしてくれる)
も入れてみた。
 楽器のことを知らない人が見れば、下駄の裏に見えてしまいそうな気もするが、渋いケースができそうだと自画自賛中www

 まだ注文したばかりで、現物が届いたわけではないが、なかなか楽しみだ。
シリコンカラー.com







ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Posted on 2013/05/10 Fri. 23:38 [edit]

category: おすすめギア

thread: スマートフォン - janre: 携帯電話・PHS

スマホ?まさか。  

 「携帯?ガラケーで十分。オレには必要ない」

 

 人に聞かれたらずっとそう言ってたし、実際そのつもりだった。

 息子や娘が自分のガラケーをスマホに代えたいと言っても、必要ないの一言で却下してきた。

 

 この連休、東京の大学に進学した息子が帰省し、どうしてもスマホじゃなきゃ立ちゆかないと言ってきた。

「今はメールも電話も使わずLINEというツールでコミュニケーションをはかる。ガラケーでもできなくはないんだけど、更新が20分おきだからとても会話について行けない」

 実家を離れて生活を始めた息子が、周囲とのコミュニケーションをとれないんじゃしかたないと妻と話して代えてやることにした。

 そうなると娘だけガラケーのままって訳にはいかない。

 娘のまで買い換えることには、昨今のスマホ主流の風潮に、私以上に抵抗感を持っている妻は渋ったが

「アニキだけってのはいかにも可哀想やろ。」

と説得して2台とも交換ということにした。

 

 ケータイショップに行って驚いたのだが、今とそんなに支払いが変わらない。2年持てば本体代はほぼ無料に近い状態になるってことだった。
 ガラケーだろうがスマホだろうが、セキュリティーやモラルについては本人達の自覚に任せる点では同じだし、彼らを私は信頼している。経済的負担が変わらないのなら我慢させる必要はもうない。

 納得して代えてやることができた。

 

 ところでオレはどうなんだ?

 

と、ふと思い利用の仕方と料金を調べてもらうと、私はむしろ安くなるらしい。

「PCサイトをよくご覧になってますね。」

と可愛い店員に言われて(「このオヤジ、きっとエロサイトを見てるな」と思ってるにちがいない)と焦った。

「ホームページの管理したりしててそれで見たりするから・・・むにゃむにゃ」

と黙ってればいいものを、よく分からない弁解をしてしまい、ますますエロサイトオヤジの印象を濃くしてしまった様な気がして、イヤな脇汗が出るのを感じた。

 私がPCサイトを見るのは、バンドのHPや知り合いのショップのHPの管理をしていて、それを携帯で確認したりするからで、決してエロサイトを見ているわけではない。

 

「エロサイトはPCで見るんじゃ~!」

 

と自爆しそうな自分をかろうじて羽交い締めにして押さえ込んだ。

 で、結論。安くなるならと私もスマホに買い換えた。

 

 家に帰ってそのことを報告すると

「私はガラパゴスでひっそりと一人で暮らすの」

と言いながら、妻はふて寝をしてしまった。(^^) 

 

hiei6

  今日、ちょっぴり不機嫌な妻を誘って、ガーデンミュージアム比叡に行ってきた。以前にも紹介したが、モネの睡蓮の池が再現されてたりする、絵画と花の小さなテーマパークだ。

 考えてみれば春に訪れるのは久しぶりで、やはり花は春がいいなと、当たり前のことを再認識した。
 天気も良くて妻のご機嫌も治った。

 

 スマホで写真を撮ってみたが、私が持ってたガラケーで撮った写真とは雲泥の差だった。やっぱり買い換えてよかったのかな?







<参照 '11年5月16日の過去記事「ガーデンミュージアム比叡」>


ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

Posted on 2013/05/06 Mon. 19:13 [edit]

category: 生活

thread: 日記 - janre: 日記

セカンドアルバム ギタートラック録音  

nahsan1 なーさんが我が家にやってきて、ギタートラックの録音を行った。既に録音済みのドラムトラック、ベーストラックをモニターしながらそれに合わせてギターを弾き、PCに録音していくと言う作業だ。

 私は機器の操作をして、なーさんが演奏しやすいように、ドラムやベースとギターの音量の調節をしたり、録音後にギターの音色をナーさんの好みに合わせて加工したりする。

 もちろん最終の微調整は、ボーカルトラックの録音後になる。

 

 いつものコトながら、なーさんのギターはいい。実によく歌う。ソロパートも単にオラオラオラと弾きまくるんじゃなくて、管楽器のようなブレスがきちんとある。だから聴いていて心地がいい。

 いつもの練習じゃ気付かない、なーさんの細かな工夫に気付いて、ついpcついヘッドフォン内の音空間に浸り込んでしまい、PCの操作がおろそかになってしまう。

 まあ、プレイヤーさえしっかりしていれば後の加工はいくらでもやり直しが利くので、なーさんの確かなプレイを私は楽しんでいればいいのだが。

 用意してあった4曲はあっという間に録り終えたので、WEASEでは初の試みの、ギタートラックを最初に録るということもやってみることにした。いつもドラム→ベース→ギター→ボーカル→コーラスという手順で録音していくのだが、せっかくの機会だし時間があるしってことで、新曲の「ひまわり」のギターを録った。

 まず、カッティングだけでリズムギタートラックを作り、そこにリードギターを重ねて録る。

 他の曲もそうだが、普段のライブでは絶対不可能な、同時にギターが2本鳴ったり、3本鳴ったりする。この辺りもアルバム作りの楽しみの一つだ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2013/05/05 Sun. 00:05 [edit]

category: 音楽制作

thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - janre: 音楽

奇跡の動画 タメイキトウソ  


 先日のびわこジャズフェスティバル。張り切ってビデオカメラや録音機材をセッティングしていたのだが、いざ本番って時、スタートボタンを入れ忘れ、一切音の記録が残せなかった ──── と、ちょっぴりがっかりしていたのだが、なーさん(g)の娘さんがiPhoneで一曲だけ撮ってくれていた!
 この曲は、うちのレパートリーの中じゃかなり異色の部類に入る。


タメイキトウソ  詞:岸本繁章 曲:永井信一

期待を高めるために浴びるshower
求められればベッド代わりのソファー
飢えたオスの"more"
満たして得たのは
The giveback to the loser?(負け犬への返済金)
or the fund to the future?(未来への資金)

狙いを付けて獲物を落とすshooter
いつの間にか成り下がってるfucker
ハート塞ぐdoor
閉めて得たのは
The giveback to the loser?
or the fund to the future?

眠りを知らない街
空を彩るネオン
ビルの谷間の闇
乾いた笑い声
ゲ・ゲ・ゲ・ゲ・ゲ・ゲ・ゲ
Get back
Get back



全てを見せても何も見せてない
訊かれても名前も何も答えない
夜毎の違うguy
欲しいのは今も愛
I say so with a sigh(ため息混じりにそう言う)
And You tell a superficial lie(あなたたちは見え透いたウソをつく)

眠りを知らない街
空を彩るネオン
ビルの谷間の闇
乾いた笑い声
ゲ・ゲ・ゲ・ゲ・ゲ・ゲ・ゲ
Get back
Get back



ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Posted on 2013/05/04 Sat. 03:53 [edit]

category: ライブ

thread: びわこジャズフェスティバル - janre: 音楽

What's New?

Comments+Trackback

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

文字を大きく・小さく

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile