ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

セカンドアルバム レコーディング始動  

yamasan.jpg

 セカンドアルバムのレコーディングが始まった。
 まだどの曲を収録するかは決定していないが、今回はファーストアルバムの「夜が叫んでる」の様なミニアルバムではなく、たくさんの曲を収録したいと思っている。
 前回は機材の関係でドラムトラックは1chにしか入れられなかったが、過去記事で紹介した「Zoom R16」を使うので、バスドラ、スネア、タムタム、シンバルをそれぞれ別チャンネルで録音する。後からバスドラだけを強調したり、それぞれに違ったエフェクトをかけたりするためだ。
 音楽CDを作るのなら当たり前のことであるが、ようやく我々の録音環境も整ってきた。

 昨日、やまさんの自宅スタジオに機材を持ち込んで
・Befor50 ~嘆きのオヤジ~(詞・曲/永井信一)
・八月の夜(詞・曲 岸本繁章)
・主(詞/永井信一 岸本繁章・曲/永井信一)
・フクロノネズミ(詞・曲/岸本繁章)
の4曲のドラムトラックの録音をした。(写真は前回の録音時のもの)
 やまさんはヘッドフォンでメトロノームのクリック音を聞きながら、時に激しく、時に優しく、そしてひたすらストイックに演奏を続けていた。
 ギターもベースもボーカルも全くないのに、やまさんのドラムは見事に曲を奏でていた。
 うちのバンドのお客さんたちには、華麗なやまさんのドラムのファンも多い。ギターのなーさんのご子息は高校時代の部活でドラムを叩いていて、ライブに来てもオヤジよりやまさんばかり食い入るように見ていると、なーさんはよく笑っていた。
 ご子息のような男性ファンもいるが、女性ファンが多いのにはちょっと腹が立つ。(笑)
 
 私はミキサーの前に座り、音の調整をしながらやまさんのドラムの音にひたり、幸せな時を過ごした。
 独り占めはずるいと、やまさんファンに怒られそうだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ




関連記事

Posted on 2012/09/30 Sun. 18:16 [edit]

category: 音楽制作

ブロック塀完成  

 ブロック塀が完成した。
ブロック塀

ブロック塀

 ☆子さんからコメントで南欧風というヒントを頂いて、色は白っぽい色にしようかとも思ったが、家の壁とのコントラストを考えて、思い切って濃い色にしてみた。
 ちょっとアフリカっぽい?(^_^;)
 サイズ的に、やっぱりラティスを貼るには無理があるように思ったし、仕上げのコテ跡の風合いを生かすためにも貼らない方がいいと思った。
 そこで妻のアイデアで、枕木を立てることにした。
 近くのホームセンターを数軒回って枕木を探したが、本物は無く、枕木風の焼いた角材を購入して立ててみた。
 本物ではないので軽くて少し頼り無い感じもするが、リーズナブルな値段だったので、まあいいかって感じだ。
 センターの枕木には、以前ラティスに取り付けていた、鳥の巣風のテラコッタ置きを打ち付けてみた。
ブロック塀

 なかなかいい感じに仕上がったかなと自画自賛。

 土地の境界が広がった分、花壇の奥行きの面積が広がっているので、妻はそこに何を植えるか、うきうきしながら思案をしている。




ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

Posted on 2012/09/24 Mon. 21:47 [edit]

category: 生活

thread: 雑記 - janre: 日記

ウォーキング復活  

 先日「出鼻をくじかれた」で記した、左ふくらはぎの怪我は、思ったよりたいしたことなくて、先週半ばに完全に痛みはひいた。
 そこで、今日仕事が休みだったので午前中にWalkingに出かけた。(ジョギングは大事をとって控えた)
 いつもは嵐山の渡月橋のたもとの公園までの往復10km程度のコースをとるのだが、内心心配した足の痛みも全くなくて、それが嬉しくて少しだけ足を伸ばし、嵯峨野まで歩いた。往復14.5kmのコースだ。
 久しぶりに来る朝の嵯峨野の竹林は、空気が清冽だった。
 嵯峨野


ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

Posted on 2012/09/24 Mon. 21:47 [edit]

category: フィットネス

thread: 男のダイエット - janre: ヘルス・ダイエット

かやぶきの里  

 京都市の北に位置する美山町の「かやぶきの里」へ行ってきた。観光地への小旅行なんて本当に久しぶりだ。
かやぶきの里1
 近年この集落の名物となった手打ち蕎麦のための蕎麦畑では、蕎麦の白い可憐な花が最盛期を迎えていて、とても美しい風景が広がっていた。
 ここは国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されていて、今では珍しくなった茅葺き屋根の民家が数多く残されている集落だ。
かやぶきの里2
 普通に生活されている民家なので、もちろん内部の見学なんてできないが、一棟、民俗資料館として内部を解放している所がある。
 私は農家の出ではないし、こういう家屋を実際知っているわけではないが、内部はとても懐かしい気分にひたることのできる空間だった。
 この日は気温は30度を超えてはいたが、開け放たれた縁側から涼しい風が吹き込み、とても気持ちが良かった。縁側に茣蓙を敷いて昼寝したら最高だろうなと思った。

 北村という食堂で地鶏蕎麦というざる蕎麦を頂いた。ざる蕎麦だから、もちろん蕎麦自体は冷たいのだが、地鶏や焼いた葱の入った温かいつゆに浸けて食べるという、ちょっと珍しい食べ方のお蕎麦だった。(もちろん普通に冷たいつゆのお蕎麦もある)
 ふくよかな蕎麦の香りが鼻を擽り、さらっとした手打ち蕎麦独特のこしが楽しめ、また、つゆの中の平飼いの地鶏の肉は、とても味がしっかりしていて、本当に美味しいお蕎麦だった。
 ただ私はちょっと失敗をしてしまった。2~3口食べた後、温かいつゆなので、七味を入れた方が旨いだろうと思って入れてしまった。蕎麦の香りの邪魔をしてしまうので、入れない方がいいと思う。

 村の鎮守の八幡神社にお参りをした。
かやぶきの里の八幡神社1
 ここの本殿の欄間彫刻は、とてもユーモラスでやさしい彫刻だった。特にこの屋根の中心を支えているこの像。
かやぶきの里の八幡神社2
 縁の下の力持ちってのは知ってるが、屋根を支えるこういう力持ちの像を、他では見たことがなかった。今まで気が付かなかったのかなぁ。
 
 集落からちょっと離れた田歌という地区で見つけたスローフードカフェ「田歌舎」。
田歌舎
 コーヒーと山羊のミルクのアイスを頂いた。普通のミルクアイスと比べると、あっさりしていて、シャーベットかジェラートの様な食感なんだけど、味はコクがある不思議なアイスだった。
 カフェの窓から外を見ると、道を挟んで向こう側の小屋に、子山羊が繋がれていた。
小麦ちゃん1

小麦ちゃん2
 このお店が飼っている山羊で、「コムギちゃん」という名前だそうだ。とても穏やかな子で、近くへ行って頭を撫でても、別に嫌がりもせず、安心しきった顔で草を食べていた。私が頂いたアイスは、この子のお母さんの「コメちゃん」のミルクで作っているのだそうだ。お母さんは気性が荒いそうで、残念ながら会うことはできなかった。




 のんびりして美しい、素晴らしい場所だった。午後からは結構たくさんの観光客で賑わうので、なるべく早い時間帯に行くのがいいなと思った。
 秋の紅葉や冬の雪、春の桜の時期、きっとそれぞれに違う、素敵な表情を見せてくれるだろう。
 
 是非、何度も行ってみたいと思う。




ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

Posted on 2012/09/17 Mon. 20:18 [edit]

category: 京都

thread: 京都 - janre: 地域情報

ブロック塀   

 6月3日の過去記事「ブロック塀」で記したように、我が家の玄関前のアプローチの古いブロック塀が、耐震基準や境界の問題で取り壊しがなされた。

ブロック塀


 取り壊した後、新たに塀を建て直すのだが、当初不動産屋が持ってきたプランは、3段ほどの装飾ブロックを積んで、その上部にフェンスを張るというものだった。だが、上の写真のようにラティスを貼ったりして楽しんでいたので、フェンスではなく曲線を取り入れたブロック塀にモルタルと塗料で装飾を施して欲しいとお願いした。
 昨日、ブロックの積み上げが完了した。

新しいブロック塀


 隣家が取り壊され、背の高い庭木が抜かれてしまったせいもあるが、随分明るい印象のアプローチに変わりそうだ。
 新しい隣家が建ってしまえば、印象もまた変わるかも知れないが。
 これから施される塗装の出来映え次第だが、もうラティスなど貼らない方がいいかもしれないな。



ブログランキング・にほんブログ村へ



 
関連記事

Posted on 2012/09/16 Sun. 17:34 [edit]

category: 生活

thread: 雑記 - janre: 日記

出鼻をくじかれた・・・  

 8月の初めにウォーキングを始め、戸外で体を動かすことが楽しくなり、先日ウォーキングのついでに軽く2.5kmほどのジョギングをやってみた。思いの外軽く走れ、動かせる体になってきていることを実感した。
 スポーツすることを楽しいと思えるようになってきていることが嬉しくて、平日のエアロバイクにもますますモチベーションが上がっていた。
 楽しくなり始めていた要因の一つにケータイアプリの「Run&Walk」がある。歩いたり走ったりした成果を、ペースの推移や距離、消費カロリーなどを示す数値データで教えてくれ、地図で走行経路を記録できるアプリだ。
 このアプリは走行中にペースを音声ガイダンスで教えてくれるのだが、イヤフォンをつけないと、スピーカーではよく聞こえない。ところが私のケータイはイヤフォン端子が無くて、充電やデータのやり取りをするための外部入出力端子にアダプタを装着しないとイヤフォンが使えない。アダプタは別売りで、音源プレイヤーは録音もできる別の機器を使っていたので、ケータイにイヤフォンをつけたことはなかった。しかしこのアプリの活用をするために、先日アダプタを取り寄せ、
「この3連休は走るぞ!」
と密かに意気込んでいた。
 昨日仕事帰りに立ち寄ったコンビニで、タバコのMarlboroに、買おうと思っていたケータイのアームポーチがおまけでついているのを見つけ、
「ラッキー!」
と内心小躍りしながらそのタバコを購入し、その足で家電量販店に出かけ、イヤーフックのついているスポーツ仕様のイヤフォンを購入した。
 家に帰ってから、ケータイに音楽CDを二枚ほど取り込み(もちろんアプリを起動しながら音楽も聞ける)7時に目覚ましをセットして夕べは眠りについた。
 しかし今日が楽しみすぎて6時に目覚め
「俺ってば、なんて単純なんだ」
と、既に起きていた妻に笑いながら話し、6時半に家を出た。
 涼しい朝の空気の中、気持ちよくウォーキングを始めた。自分の年齢を考えると、朝にいきなり走るのは危険だと思ったからだ。
 3kmほど歩き、少し汗ばんできたので、もういいだろうと軽いストレッチをしてから走り始めた。
 ところが・・・300mほど走ったところで左のふくらはぎに違和感が走った。
「あれ?」
とは思ったが、まあ大丈夫だろうと走り続けたのかがいけなかった。すぐに激痛に襲われた。こむら返りだと思い、立ち止まってストレッチを試みたが痛みが取れない。軽い肉離れを起こしてしまったのかも知れない。
 
 「気をつけてたのに、何でこうなるンや・・・」

 痛む左足を引きずりながら帰る家への道は遠かった。きっと傍目には、がっくり肩を落としてとぼとぼ帰る、しょぼくれたオヤジの姿だったのだろうと思う。
 家についてシャワーを浴び、冬場にひざをスキーで痛めたときに処方してもらった、炎症を抑えるロキソニンテープをふくらはぎに貼った。

 明日には回復してますように・・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

Posted on 2012/09/15 Sat. 09:13 [edit]

category: フィットネス

thread: 男のダイエット - janre: ヘルス・ダイエット

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile