ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

びわこジャズ東近江2017出演決定!
2017年4月23日(日)13:00~13:40
詳細はホームページLive infomationをCheckout!!
ホームページはこちら

レコーディング1(ドラムトラック制作)  

レコーディング(ドラムトラック) 昨年の11月にドラムのやまさん宅でレコーディングを行ったのだが、原因不明の機材の不調でノイズが大きくて、録った音源がボツになってしまったのだが、その原因が分かり、録音を再開しようといっていたのがスケジュールの問題で延び延びになっていた。それがようやく昨日再開できた。
 まずドラムトラックから作っていこうということで、今回もやまなか邸での録音になった。
 今回は大きなノイズもなく綺麗に録れた。
 曲目は「夜が叫んでる」「気がつけば」「空き缶」「I am your son」「クレヨン」の5曲。
 次は私がベーストラックの録音をし、次にギター、最後にボーカルやコーラスの録音という手順になる。
 そこから各トラックの音色や音量の調整をしたものをミックスダウンする。
 それぞれバラバラに演奏するわけだからグルーヴ感がうまく出せるかどうかが決め手になるのかな。いずれにしても始まったばかり。これからが楽しみだ。

関連記事

Posted on 2011/08/28 Sun. 21:05 [edit]

category: 音楽制作

thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - janre: 音楽

心霊写真?「ウラメシヤ~」(^^)  

うらめしや~

うちで飼ってる猫です。

なんとなく

「ウラメシヤ~」っぽい格好をしてたので・・・・(^o^)

関連記事

Posted on 2011/08/20 Sat. 21:24 [edit]

category: 生活

thread: 写真日記 - janre: 日記

コードレスヘッドホン  

コードレスヘッドホン 今日小包が届いた。
 先日帰省したおりに、母が「よかったら持って帰るか」と言ってくれたお供養返しか何かのカタログギフトの中に、コードレスヘッドホンがあったので有り難く頂戴したのだ。
 買えば結構値が張るし無いと困るっていう物でもないから我慢していたのだが、ベースの練習をするのにコードが邪魔にならず、以前から欲しいと思っていたからとても嬉しい。
 audio-technica製のATH-CL550。BassをブーストできたりWOWモード(サラウンドモード)があったりで、なかなかにいい音を出してる。特にWOWモードの音の広がりは素晴らしい。また、ベースになる送信機側にはボリューム調整機能がついているが、手元となるレシーバー側にもその機能があるのは便利だ。
 テレビ観賞のユーザーがメインターゲットの製品のようだが、フルカバータイプ型(見た目フルカバーだが実はオープンエアータイプ)のヘッドホンにしては装着感が驚くほど軽いので練習用にはもってこいだ。
 来週の土日にする予定になっている、やまさん宅でのレコーディングでも活躍しそうでほんまに嬉しい!!
 おおきに!母ちゃん!!

 あ・・・オープンエアーだから音漏れするしレコーディングには無理か・・・(^_^;)

【新品】オーディオテクニカ /ATH-CL550★【auktn】
関連記事

Posted on 2011/08/20 Sat. 18:15 [edit]

category: おすすめギア

thread: 楽器 - janre: 音楽

Jazz for japan  

 Jazz For Japan 今日注文していたCDが届いた。
 Jazz for japan
 6月に発売になった震災のチャリティーアルバム。
 CDを買うなんて久しぶりで、普段はレンタルで済ますのだが、このアルバムはやっぱり買わないと思って注文した。
 綺羅星のごときスーパースター達の集結したアルバムだから、一度聴いてみたいとずっと思っていたのだが、聴いてみるとやっぱり凄い。凄すぎて私ごときがレビューなんてかけません・・・・。


 
プロデューサーのラリー・ロビンソンのメッセージ
「今回の地震の報に接し、その被害の大きさに言葉を失いました。この企画はそんな事態を前に私のスタッフとの会話から生まれました。実に多くのジャズ・ミュージシャンが毎年日本を訪れている。日本の友人たちは本当にジャズが好きで、ジャズという音楽を、そして、ミュージシャンたちを長い間に渡って支えてきてくれた。そんな友人たちが困難に直面している今、何か力になれないだろうか…。そんな気持がこの企画を実現させました。ミュージシャンに連絡を取り始めてから、録音が終了するまでに多くの時間は要しませんでした。それは、参加してくれたミュージシャンたち全員が同じ思いを持っていたからです。松居慶子さんは日本から飛んで来て、その足でスタジオに足を運んでくれ、録音に参加して下さいました。彼らの、彼女らの“思い”が素晴らしいCDを作り上げました。収益は赤十字を通じて被災者の方々にお届けしたいと思います。」

スティーヴ・ガッドのメッセージ
「日本の友人たちは彼らの驚異的な回復力で我々を鼓舞してくれました。我々の持っている力と音楽が持っている力をそんな友人たちに送り届けたいと思います。」

CD1
1. 処女航海 Mayden Voyage
スティーヴ・ガッド(ds)、トム・スコット(sax)、ビリー・チャイルズ(p)、ネイザン・イースト(b)、エヴェレット・ハープ(sax)
2. シュガー Sugar
エヴェレット・ハープ(sax)、クラレンス・マクドナルド(p)、レオン“ンドゥグ”チャンクラー(ds)、デヴィッド・T・ウォーカー(g)、デル・アトキンス(b)
3. ソー・ホワット So What
スティーヴ・ガッド(ds)、トム・スコット(sax)、ビリー・チャイルズ(p)、ネイザン・イースト(b)、エヴェレット・ハープ(sax)
4. ソフィスティケイテッド・レディ Sophisticated Lady
クリスチャン・マクブライド(b)、ビリー・チャイルズ(p)
5. フットプリンツ Footprints
マーカス・ミラー(b)、ウェイン・リンゼー(p)、ポール・ジャクソン・ジュニア(g)、テディ・キャンベル(ds)、デヴィッド・デローム(el-p)、ケヴィン・リチャーズ(perc)、レイモンド・モンテリオ(tp)、ミゲル・ガンデルマン(ts)、ギャレット・スミス(tb)、ランディ・エリス(as)
6. ワーク・ソング Work Song
ジョージ・デューク(el-p)、スティーヴ・ガッド(ds)、トム・スコット(sax)、ビリー・チャイルズ(p)、ネイザン・イースト(b)

CD2
1. この素晴らしき世界 What A Wonderful World
クラレンス・マクドナルド(p)、レオン“ンドゥグ”チャンクラー(ds)、デヴィッド・T・ウォーカー(g)、マーカス・ミラー(b)
2. ミスターP.C. Mr. P.C.
デロン・ジョンソン(p)、ラリー・ゴールディングス(org)、チャック・ベルゴーファー(b)、ピーター・アースキン(ds)
3. 身も心も Body & Soul
マーカス・ミラー(b、b-cl)、ハーマン・ジャクソン(p)
4. コールド・ダック・タイム Cold Duck Time
ボニー・ジェームス(sax)、松居慶子(p)、リッキー・マイナー(b)、トム・ブレクトレイン(ds)、デヴッド・ペイチ(el-p)
5. ウォーターメロン・マン Watermelon Man
クラレンス・マクドナルド(p)、レオン“ンドゥグ”チャンクラー(ds)、リー・リトナー(g)、マーカス・ミラー(b)、ケニーG(ss)
6. インヴィテーション Invitation
ピーター・アースキン(ds)、クリスチャン・マクブライド(b)、ビリー・チャイルズ(p)
7. カンタロープ・アイランド Cantaloupe Island
アレックス・アクーニャ(ds、conga)、アルフォンソ・ジョンソン(b)、ハーマン・ジャクソン(p)、クラレンス・マクドナルド(el-p)
8. アイム・グラッド・ゼア・イズ・ユー I'm Glad There Is You
ボブ・ジェームス(p)



関連記事

Posted on 2011/08/19 Fri. 17:41 [edit]

category: 音楽雑感

thread: JAZZ - janre: 音楽

五山の送り火  

送り火 久しぶりに五山の送り火を見た。
 少し靄がかかっていてはっきり見えるかどうか、火が灯るまでは少し心配だったが、少し遠い山々にオレンジの火がくっきりと浮かび上がった。
 今日見たのは東寺の近くのビルのテラスからで、そこからは東寺の五重塔を横目に見ながら、大文字、左大文字、船形、鳥居形が見えた。残念ながら妙法は建物の陰なのか見えなかったが、一度にこんなにたくさんの送り火をゆったりと見られたのは初めてだった。五重塔と送り火を一緒に見るなんて、絵に描いたような京都の風景で、京都に長く住んでいながら初めての体験だった。
 その場所には高齢の方も多くて、送り火の終盤、その中のお一人がこんなことを言っておられた。
「ああ、今年も見られて良かった。来年もまた見られますように。」

 しみじみとした。





関連記事

Posted on 2011/08/16 Tue. 23:55 [edit]

category: 京都

thread: おこしやす!京都 - janre: 地域情報

フリー(Michael "Flea" Balzary)  

 Red Hot Chili Peppers のベーシスト。
 レッチリは殆ど聴いたことがなかったが、今更ながらFleaベースが気になっている。
 Jacoを筆頭に軽く歯切れのよいサウンドを前面に押し出すベーシストは増えたが、フリーのサウンドはその対局にあるとといってもいいかもしれない。
 圧倒的な音圧がベースらしくて気持ちいい。もちろんロック界には重い音を出すベーシストはよくいるがスラップ奏法を主体にしながら、こういう音を出す人はあまりいないような気がする。また速いフレーズも全ての音の粒がそろって心地いい。見た目の印象は激しくクレイジーだが、驚異的な左手の握力(120ポンドとも160ポンドとも言われるらしい)に支えられたFleaベースサウンドは重厚でありながら実に美しい。

ベースの教則本によく載っている曲。
ハイヤーグラウンド


どうやらドラムの教則ビデオのようだが・・・





関連記事

Posted on 2011/08/14 Sun. 02:40 [edit]

category: スーパーベーシスト

thread: 私の好きなベーシスト - janre: 音楽

tag: Flea  Jaco  ベース 

ブログ統合完了  

 ようやく旧ブログ「ベース弾きのヒトリゴト的ブログ」の全記事の移行が完了した。
 残念なのはコメントの移行ができなかったことだ。
 コメント投稿の日付の操作ができず、一昨年の記事に対するコメントの日付が「現在」になってしまう。例えば新年の挨拶を八月にやってるなんて妙なことになってしまうので、コメントの移行はあきらめた。
 いろいろコメントをくださっていた皆さん、申し訳ありません。旧ブログはそのまま残っておりますので、どうぞご容赦ください。
m(_ _)m
関連記事

Posted on 2011/08/08 Mon. 12:29 [edit]

category: ブログについて

thread: ひとりごと - janre: 日記

スタジオ練習  

 今日スタジオ練習があった。
 流石夏休みで、いつも行くスタジオは予約がいっぱい。朝の10時入り。スタジオまでは家から約1時間かかるので9時前に家を出た。そんな時間に楽器持って歩いていると学生時代の部活の朝練のようで、何だか新鮮だった。
 列車の中でまこちゃんから届いたメールには、
「何だか旅行気分♪」
とありやつもテンションが上がってるようだった。

 前回の練習は、事前の準備不足で指は回らんし、右手の指には水ぶくれができるしでのれないこと甚だしく、反省しきりだった。だから今日に向けては少しずつだけど事前の個人練習を積んでいった。
 その甲斐あって4時間の練習はめちゃくちゃ楽しくできた。
 今日やった曲目は、
まず「夜が叫んでる」。一曲目から飛ばしすぎの感あり。みんな音がでかくて普段のアンプのボリュームの2倍出さないと聞こえないほどだった。(笑)
 続いて「クレヨン」。ちょっとコーラスを詰めたくて私がリクエスト。今までよりよくなったけど、まだ課題あり。
 「八月の夜」は前回決めた決めごとの確認と、やまさんの新しい試みのために少し時間をとって詰めた。
 「I am your son」前回、自分的には一番ノリが出せずに悔しい思いをした曲。今日は楽しくはねることができた。
 「タメイキトウソ」ベースはスラップばりばりのミディアムテンポのFUNKの曲。事前練習の効果があったかも知れない。しっかりリズムを出せたが、所々外れるところもあり、今後の課題は残った。でも気持ちは良かった。
 新曲「ARUJI」は決めごとの確認。オーソドックスでストレートなブルースをいかに楽しく聴かせられるかが課題だけど、少し目的地が見えたように思った。しかし管楽器の雰囲気を出すのはなかなか難しい。
 「MASAKA!?」ちょっと熱くなりすぎて荒い演奏になってしまった。ラテン系の曲なのでついつい熱くなってしまうけど、気持ちは熱く、演奏はクールにってのを忘れたらあかんな。
 最後のシメはゆったりレゲエの「空き缶」。

 あ~~~~~~~~~~~~~楽しかった(^_^)v


本日の練習の録音から一曲紹介





タメイキトウソ
詞:岸本繁章  曲:永井信一


期待を高めるために浴びる シャワー
求められればベッド代わりの ソファー
飢えたオスの”more”
満たして得たのは
The giveback to the looser?
(負け犬への返済金?)
Or the fund to the future?
(それとも未来への資金?)

狙いを付けて獲物を落とす Shooter
いつの間にか成り下がっている Fucker
ハート塞ぐDoor
閉めて得たのは
The giveback to the looser?
Or the fund to the future?

眠りを知らない街
空を彩るネオン
ビルの谷間の闇
乾いた笑い声

ゲゲゲゲ ゲ・ゲ・ゲ
Get Back !
Get Back !



全てを見せても何も見せてない
聞かれても名前も何も答えない
夜ごとの違うGUY
欲しいのは今も愛
I say so with a sigh
(アタシはため息混じりにそう言うの)
You tell a superfical lie
(あなたは見え透いた嘘をつく)

眠りを知らない街
空を彩るネオン
ビルの谷間の闇
乾いた笑い声

ゲゲゲゲ ゲ・ゲ・ゲ
Get Back !
Get Back !









関連記事

Posted on 2011/08/07 Sun. 22:32 [edit]

category: バンド練習

thread: バンド活動♪ - janre: 音楽

野球観戦  

大阪ドーム 久々にプロ野球観戦に行った。
 阪神×ヤクルト戦。ロード中なので甲子園じゃなく大阪ドーム球場。実に4年ぶりの球場観戦だ。
 私は結婚するまでは野球にはあまり興味がなかったのだが、妻と妻の父が阪神談義で盛り上がってじゃれてるのを見ていて、何だか楽しそうだなと思って見始めたらすっかりはまった。今では立派な虎党だ。
 幼かった息子や娘を膝の上に載せてメガホン振り回しながらわーわー騒いでテレビ観戦してたら、子どもたちも野球を見ることが好きになり、よく甲子園には子どもを連れて行った。当時はまだ阪神は今のように強いチームではなく、行っても行っても負け続け。
 家から歩いていける京都の西京極球場でも、当時は年に1度くらい阪神戦があった。もちろん行ったがやっぱり負け。悔しくて息子がスタンドで泣いていると、
周りにいる虎ファンのおっちゃん達が
「ぼく、大丈夫やで。おっちゃんなんかな、11-0なんちゅう試合も見たことがあるでぇ。大丈夫大丈夫。」
なんて訳のわからん慰め方してもろたり
「こらー!子どもが泣いてるやんけ!!しっかりやれー!!子ども泣かしてる言うて連盟に提訴すんぞー!!」
って選手に野次飛ばしてるおっちゃんがいたり
「よっしゃわかった。明日はおっちゃんが甲子園行って応援して勝たしたるから、もう泣かんとき。」
って頭なでてもらったり。
 初めて勝ち試合を見たとき、生まれて初めてのうれし涙を流す息子を見て成長を感じて泣いてしまったり、疲れてスタンドで眠ってしまった娘を見ながら妻とほほえみあったり・・・・。球場にはたくさんのあたたかい思い出が詰まってる。
 近所の空き地でタイガースの野球帽をかぶった息子や娘とよくキャッチボールもした。
 子どもたちは中学生になったとき、息子は野球部に、一つ下の娘はソフトボールクラブに入った。
 私の子どもなのでお世辞にも運動神経のいい方ではないが、二人ともよく頑張り、息子はエースにもなった。二人の部活を見学に行くのはとても楽しみだった。
 その息子との久々との野球観戦。大阪ドームまでの列車の乗り換えや経路は大阪の高校に通う息子に任せた。息子と二人で長い時間を過ごすのも久々だった。時の流れを感じて何だか妙に感傷的な気分になった。
 試合後、勝利を祝って球場の近くの居酒屋へ寄った。もちろん息子はまだ未成年だから酒を酌み交わすって言うわけにはいかないが、旨い肴を食べながらタイガースの勝利を喜ぶ息子の横顔を居酒屋のカウンターで眺めるのはなかなかいいものだった。
 野球は私たち家族にたくさんの幸せをくれ続けている。







関連記事

Posted on 2011/08/05 Fri. 23:53 [edit]

category: エッセイ

thread: 野球 - janre: スポーツ

ブログ統合  

 このブログ、2010年10月からスタートしたのだが、本当は前身にあたるブログがある。現在のサブタイトル「ベース弾きのヒトリゴト」をメインタイトルにした「ベース弾きのヒトリゴト的ブログ」というものだ。
 そのブログも私が一人で書いてたのだが、バンドみんなで書き込もうと提案し、タイトルを「ええかげんええかげん」変え新たにスタートした。(サブタイトルも「ヒトリゴト」ではなかった。)
 しかしみんな忙しいのと照れくさいのとで記事が書かれることはなく、結局また「ヒトリゴト」に戻ってしまった。
 「ベース弾きのヒトリゴト的ブログ」自体はまだ存在するので統合することにし、記事をあちらからこちらへ移す作業を始めた。
 とりあえず2009年の8月分は移し終えたが、当時はブログを始めたばかりで記事を書くことが面白かったらしく、毎日何か書いていて、けっこう大変な作業になってしまった。
 ただ、訪れた方やメンバー達が書いてくれたコメントまでは移せていないのでそのうちそれも移さないといけないな。
 



関連記事

Posted on 2011/08/04 Thu. 02:57 [edit]

category: ブログについて

thread: 今日のブログ - janre: ブログ

What's New?

Comments+Trackback

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

文字を大きく・小さく

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile