ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

ライブ終了~今年のまとめ~  

2009年のGIGが12月27日のARCDEUXで全て終了しました。

まだ結成して間もないWEASEです。

初ステージは今年の4月5日の
東近江~BIWAKO JAZZ FESTIVAL in 東近江 2009~
でした。
このイベントは今年が記念すべき第1回目の開催です。
街中がライブ会場になるって言うイベントでした。
市役所前の大駐車場をメインに
電車の中やコンビニの駐車場等様々な場所で
一日中音楽の演奏がありました。
私たちは市役所のレストランが会場で
音響的には学祭のライブ会場みたいな感じでした。
何だか懐かしくなるような初ステージでした。
ホームページのMovieのコーナーの
「気がつけば・・・」と「馬鹿ね」はその時の映像です。

2回目は京都のライブハウスARCDEUX。
5月16日でした。
pazapさん・ゴンゴンズさん・超悦男さん
とご一緒させていただきました。
このバンドでは初めてでしたが
20年ほど前、別のバンドで出たことのあるライブハウスで
これまたとても懐かしい思いで演奏してました。
WEASEとしては初めての本格的なPAを通してのライブで
美しい照明と高音質なミキシングに大感激でした。
Movieの「空き缶」はこの時のものです。

3回目と4回目は京都のライブハウスRooter Rooterです。
私たちのホームページをご覧になった店長さんが
出てみないかと声をかけてくださいました。
以来、とても我々を評価してくださって
何かと嬉しくなるようなことばをかけてくださっています。
私たちのバンドのホームにさせていただけたらって思っています。

初回のRooter Rooterは10月3日。
対バンはブルースバンド「梅干しデンカ」でした。
実はここのドラムは学生時代からの音楽仲間で
一緒にバンドを組んだこともある奴です。
それがひょんな縁で今では私の義兄です。
それぞれがいい歳のオヤジになって
またこうやって一緒にステージが出来ることの
不思議さと幸せを感じました。
その次は12月20日。先日のお客さん5人ってライブです。

そして今年のFinalはARCDEUX。
5月のGIG以降、ARCDEUXさんから
さかんに出演のオファーを頂きながら
なかなか日程の調整が付かず申し訳ない返事ばかりを繰り返してたのですが
漸くの出演でした。
今回は6バンド出演でした。
ロクゲンサン・Once more please・tara・pazap・TJSS
の皆さんとご一緒させていただきました。

ロクゲンサンはトリオのバンドでした。
今風のサウンド(ちょっとレミオロメン風)でいい曲を作っておられました。
ボーカルの高音の美しさが際だってました。
ドラムは女性でした。高熱を発してふらふらになりながらですが
女性とは思えぬ(というと失礼な言い方ですね。すみません。)
いかついドラミングでした。

Once more pleaseさんは4人のアコースティックコーラスグループで
とてもキレイなハーモニーで魅了してくださいました。

我々の演奏の後、taraさんのステージでした。
FMのパーソナリティもつとめるシンガーソングライターです。
とてもキレイなフォークサウンドで
こういう音を聞くのは久しぶりだなって思ってました。
ただ後で聞いたのですが、
taraさんのステージの時、演奏を終えてテンション上がって
我々が楽屋で騒がしくしてたのが会場に漏れていたそうです。
最低のマナーも守れない行儀の悪さでした。大反省です。
申し訳ございませんでした!!

その後、予定があってPAZAPさんやTJSSさんのステージを見ずに引き上げてしまいました。

PAZAPさんは5月にお会いして以来です。
ドラムとギターシンセと女性ボーカルっていうバンドです。
ベースやパーカッションその他の上物は打ち込みです。
それで変拍子主体の実に独特な世界を表現するバンドです。
リハを拝見しましたが相変わらず凄いバンドでした。

トリはTJSS。気のいいおじさん達が集まったバンドで
ロックンロールをノリノリで聞かせてくださいました。
(これも聴いたのはリハだけです。すみません!!)
我々のステージも大いに盛り上げてくださってました。
今度是非ご一緒しましょうと約束しました。


で、我々の演奏ですが。
様々反省点はありますが、とにかく面白かったです。

私の個人的なことで言うと
前回のRooterまでどうもベースの音の輪郭がはっきりせず
ボワーッと鳴ってる感じで困ってました。
でスタイルを思いきって変えました。
右手の位置は、長年親指をフロントピックアップ付近に置いて演奏してました。
まるい音が好みだったので。
それをリアピックアップ付近に変えました。
この辺で弾くと弦が堅くて、速い曲をダイナミクスつけて弾くのにはちょっと苦労しました。
ディストーションをかけるハードな曲やスラップ主体の曲以外は
フロントピックアップのボリュームをゼロにしました。
ボディーの高音域のつまみは今まで真ん中ぐらいにしてましたが
それも最大にまで回しきりました。
グラフィックイコライザーはかなり思いきったドンシャリ調整。
どちらかといえばあまり今まで好みにしていなかった
かりかりのセッティングです。

で、録音を聞くと思ってたほどにはかりかりではなく
音像がはっきりして、とてもいい感じになっていました。
自分の音が漸く見つかったかも知れません。

ステージ全体のレポート。

まこちゃんはお酒飲み過ぎ。(^o^)
べろべろ状態でした。
でも、歌詞は前回かなり飛んじゃってたんですが
今回飛んだのは一箇所だけ。
音程も今までで一番正確だったかも知れません。
リズムも体の動きも声量のダイナミクスもダイナミック。
やつは化け物かも。

えみちゃんはステージを追う毎に
どんどん声が前に出てくるようになって
えらそうな言い方だけど成長を感じます。
今回はステージ時間が短かったので
メインボーカルをとるのが1曲だけだったけど
いいノリで声のイキミもなく
ばっちり歌い上げてくれました。

ナーサンは相変わらずの熱い演奏。
本人曰く「いつもにましてぼろぼろ」だそうだけど
お客をしっかり巻き込んでステージと客席を熱く熱くしてくれました。
わし、奴とバンド組んでもう20年以上になるけど
やっぱりナーサンのギターは凄いわ。
細かいこと言ったらそらいろいろあるけど
そんなことははるか凌駕して
魅せる・聴かせるギターです。

やまさんも熱かった。
ステージで振り返るとええ顔してやまさんが叩いてる。
何度も目があって、お互い笑い合って。
なんだか凄く嬉しくなってしまいました。
ドライブ感満点のやまさんと一緒に演奏するのは
ほんまにいい勉強になります。
今回の「夜が叫んでる」をライン録音したので聴くと
結構バスドラとベースのタイム感のずれ
って言うより私のリズムの甘さが気になりました。
ここはまた宿題をもらいました。


さて、こうやって振り返ると
今年はやっぱり最高の1年でした。
この歳で1年に5回もGIGが出来るなんて、
こんな1年を過ごせるなんて、
正直思ってもみなかったことです。

いい仲間に巡り会えたこと
心から感謝します。

また、最後になりましたが
私たちのステージを見に来てくださった皆さん
本当にありがとうございました。
おかげで幸せな思いをさせていただきました。

来年もいいステージを作りますので
また来てやって下さい。

では、皆さん良いお年を!
関連記事

Posted on 2009/12/29 Tue. 03:08 [edit]

category: ライブ

整体  

仕事が忙しく、さぼりまくってましたが久しぶりの更新です。

先日、年末GIGの第1弾が終了しました。
日曜の午後9時からの出番でしたので
わしらのお客さんは5人ほどでしたでしょうか。(^^;)
がらんとした客席を前に演奏するのは
初めての体験だったので
今までいかにお客さんに助けられてきたのかを
痛感しました。

でも、わざわざ奈良から
リンク集にある「蒼い月の出る夜」ってブログの管理人の
ハシロー君が駆けつけてくれたのは嬉しかったです。
彼とは初対面。
知り合ったのは彼が高校生だった時に
私が経営する別サイト(Mysterious Tales)に
不思議な話を投稿してくれたのがきっかけでした。
友達も連れてきてくれて本当に有り難かったです。

演奏は少々練習不足もあって
歌詞は飛ぶわ、コードは飛ぶわで
ちょっと凹んじゃいました。

今週末のアークデューじゃ
ばっちり決めて最高のステージ作って
今年のいい締めくくりにするぞ!

まずは体調をってんで
体がぎしぎし言ってたので
いつも行ってる整体に行ってきました。
酷かった肩こりがずいぶん楽になりました。

HOT HAND
って言う施術所なんですが私は密かに
GOD HAND
って呼んでます。
なんせ五十肩で上がらなかった腕が
たった1回の施術で上がるようになっちゃんたんですから!

ここの先生は少し前まで整体師学校で
後進の指導をされていた方です。
今でも、よそで整体師をされている方が
自分が疲れたらわざわざ大阪から通うって人がいるくらいの
プロが認める本物中の本物の先生です。

最近はバキバキ鳴らさないソフト整体が流行ってたりしますが
ここはきちんとバキバキいわせてくれます。
といってもしっかり全身をもみほぐしてグニャグニャにしてから
やって下さいますので
ちっとも怖くないですし、もちろん痛みもないです。

先生はとてもソフトな紳士で
女性の方にもオススメです。

京都の西京極の近くにお住まいなら
是非訪ねてみられることを
オススメします。

リンク集にHOT HANDのリンクを貼っておきますので
詳しくはそちらをクリックしてください。
関連記事

Posted on 2009/12/23 Wed. 15:33 [edit]

category: 生活

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile