ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

春のライブツアー 第3弾 初の名古屋公演
ホームページにて動画公開中!!


ホームページ MoviesをCheck it out!!
ホームページはこちら

フクロノネズミ6 ライブ動画  

 「フクロノネズミ」は今回のライブのオープニング曲となった。

 この記事を書くに当たって、ここで公開してきた製作過程の各音源を聞き比べてみたが、本当によくここまで育ったものだと思う。
 私の原案とは全く別の曲になった。
 割と早い段階で、4ビート系だったこの曲はロックへと変貌を遂げたが、その方針が定まってからもどんどん変化し、曲が持つパワーは比べものにならないくらいに、(破壊的と言っていいくらいに)増した。
 当初の感じで曲作りを進めた場合、「ちょっと箸休め」的な曲になっていたのだろうと思う。とてもじゃないがGIGのオープニングを飾れるような曲にはなり得なかったろうと思う。

 まこちゃん、なーさん、やまさん。あんたらはすげーよ!

 ※興味のある方は下記のフクロノネズミ製作記の「関連記事」をお読み下さい。
  育つ前の音源があります。原案の4ビートバージョンはフクロノネズミ2です。
 ※他の曲のライブ動画は、後日公開予定です。








ブログランキング・にほんブログ村へ




Posted on 2013/06/12 Wed. 18:37 [edit]

category: フクロノネズミ制作記

thread: LIVE、イベント - janre: 音楽

スタジオリハーサル  

 いよいよ来週に迫ったびわこジャズフェスティバルに向けての最終スタジオリハがあった。

 その中で新曲「フクロノネズミ」の大きな育ちがあった。
 以前からお知らせしているように、この曲に限っては制作過程を公開するので、興味をお持ちいただけた方は聞いてみて欲しいなぁ・・・。

 構成と歌詞の大幅変更をすることにした。
 一番の歌詞を割愛し、サビのBメロを繰り返すことにした。
 そうすることで全体が締まり、エンディングに向けて盛り上がっていく構成になったと思う。そして、原案デモにあったJazzyな感じは完全に払拭され、HardなRockに成長してきたと思う
 細かなフレージングは残り1週間で各自が詰める。
 本番のステージではきっと爆発的な演奏になるんじゃないかと、期待している。
 



フクロノネズミ

胸が騒ぐ
胸が騒ぐ
路地裏の暗闇で見た女神は
壁にスプレーされた落書きさ
腐り始めた月明かりが
街の景色を歪めてる

胸が焼ける
胸が焼ける
火のついた酒を流し込み
重い水銀の海で溺れてる
逃げるピエロを追いかけて
割れたサイレンが遠ざかる

耳鳴りのような思いを噛み砕き
昨日の名残を吐き捨てる
愚かな夜に羽ばたくフクロウ
翼の影に怯えるネズミ
行き着く先は霧の中
闇が足下に忍び寄る

耳鳴りのような思いを噛み砕き
昨日の名残を吐き捨てる
愚かな夜に羽ばたくフクロウ
翼の影に怯えるネズミ
行き着く先は霧の中
闇が足下に忍び寄る

胸が熱い
胸が熱い
胸が熱い
胸が熱い







Posted on 2012/04/08 Sun. 23:41 [edit]

category: フクロノネズミ制作記

thread: バンド活動♪ - janre: 音楽

フクロノネズミ4  

 今日、スタジオ入りをしての練習があった。
 4月のびわこジャズフェスティバルに向けての打ち合わせもあったのだが、先日できた新曲、「フクロノネズミ」の初めての音あわせでもあった。
 今日に向けて、メンバーは配信されたデモ音源を元に、どんな曲にするのかそれぞれに構想を練り、また方向性のアイデアの交換をメールや電話で行ってきた。
 当初私が作った音源はJazzyな感じのテンポ145の4ビートだったが(過去記事「フクロノネズミ2」参照)なーさんは、それを重い感じのブルースロックにしようと提案。テンポを120に落として音源を作った。(過去記事「フクロノネズミ3」参照)
 やまさんは、さらにそれをハーフタイムシャッフルにしようと言い出した。
 私はハーフタイムシャッフルがいかなる音楽形態を指すのか、不勉強で知らず、やまさんに感じを教わってさらに別の音源をこしらえ、その感じに沿ってベースラインを考えて今日に臨んだ。
 スタジオで実際音を出してみて、やっぱり少し速めがいいかという結論に達し、テンポは130ぐらいに落ち着いた。
 まこちゃんはいつものように、私が作ったメロディーをいったん崩して、自分なりの解釈を加えたメロディーラインを模索していた。

 まだこれで完成っていうわけではなく、取り敢えずの今日の形を公開しようと思う。
 以前にも書いたが、制作途中の音源を公開するっていうのはあまりしないことで、とても恥ずかしいことでもある。
 でも、どんな風に曲が育っていくか、一緒に見守っていただければと考えている。
 何か感想や指摘をいただければ、それが曲の育ちにプラスに働くかもっていう、欲張りな目論見も含んでいる。(^^;)

 興味を持っていただいた方は、下の「今日の音源を聞く」というリンクをクリックしてみてください。


 今日の音源を聞く



Posted on 2012/03/11 Sun. 21:58 [edit]

category: フクロノネズミ制作記

thread: バンド活動♪ - janre: 音楽

フクロノネズミ3  

 昨日、なーさん(G)がうちに来て、フクロノネズミのアレンジの原案を持ってきたので、デモ音源を作った。
 テンポを145から120に落とし、ロックテイストを加えたものになった。
 歌詞も、サビメロの後に1コーラス分を付け加えてみた。それを公開しようと思う。
 前にも書いたが、バンドがデモ音源や練習音源を公開するなんて、あまりないことだ。まだ、フレーズを練ってはいないし、ベースパートもドラムパートも全く白紙の状態。ボーカルパートもまこちゃんが歌ってはいない。未完成も甚だしい。
 しかし、我々がどんな風に曲を育てていくのかをこの曲に限って公開していこうと思う。一緒に見守っていただければ、と思う。

 追記に記しておきますので、興味があれば是非覗いてみてください。
-- 続きを読む --

Posted on 2012/02/26 Sun. 14:44 [edit]

category: フクロノネズミ制作記

thread: DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - janre: 音楽

フクロノネズミ2  

 心配していたけど、メンバー全員の同意を得ることができて、晴れて「フクロノネズミ」はWEASEのレパートリーに加えられることとなった。
 とはいえ、詞とメロディーとコード進行はできたけど、バンドの音になっていくのはこれからで、ここからがバンド活動の醍醐味。
 メンバーに渡した瞬間から曲は私の元を離れ、メンバー一人一人が工夫を凝らして育ててくれる。制作時の私のイメージとは違ったモノになっていくこともある。
 もちろん私も意見を言うしアイデアも出していく。だから、別物に育っていくことを残念だなと思ったことはない。それどころかどんな姿になっていくのかワクワクする。
 うちのバンドのメンバーはみんなそれぞれ個性の固まり。
 ドラムスのヤマサンはストイックな求道者的ドラマーで、常に新しいことに挑戦をし、信じられないほど曲想を膨らませていってくれる。
 ギターのナーサンは、どうしてこんなにたくさん引き出しがあるんだと思うぐらいに様々なフレーズを紡ぎ出してくる。そのフレーズはすとんとツボにはまり、「この曲のここにはこのギターフレーズが最初からあったんだ。」って思ってしまう。もちろんオリジナル曲なのだから初めからフレーズがあるはずもないんやけど、いつもピタリとはまるものを奏でてくれる。
 私は・・・・、う~ん、自分じゃわからない。
 そして、その3人の紡ぐ音の上で、まこちゃんが歌う。まこちゃんは根底にパンクやロックンロールがある。パンクはバックの3人が一度も関わったことのない音楽で、いつも全く違う切り口で曲を見てるような気がする。
 特に私の作る曲は甘い感じのものがあって、まこちゃんには苦労をかけることが多いが、まこちゃんのその切り口がWEASEサウンド(というものがあるとすれば)にしてくれてるんだと思う。
 4つの個性がぶつかり合い重なり合い共鳴しあって、音を紡ぐ。
 新しいものが生まれていく。
 この快感を味わってしまった4人はこれからもWEASEであり続けていくのだろう。


 今回の曲、私は跳ねた4ビートをイメージして作ったが、ナーサンはすでにそれを重いブルースロックにしようという提案をしてくれてる。
 どんな曲に育っていくのか、今から楽しみだ。

 
フクロノネズミ


胸が騒ぐ
胸が騒ぐ
クタクタになってるはずなのに
モウドウデモイイと決めたのに
いつまで経っても眠れない
アタマにこびりついて離れない

胸が痛む
胸が痛む
路地裏の暗がりで見た女神は
壁にスプレーされた落書きさ
腐り始めた月明かりが
街の景色を歪めてる

耳鳴りのような思いを噛み砕き
昨日の名残を吐き捨てる
愚かな夜に羽ばたくフクロウ
翼の影におびえるネズミ
行き着く先は霧の中
闇が足下に忍び寄る

胸が熱い
胸が熱い
胸が焼ける
胸が焼ける


Posted on 2012/02/14 Tue. 23:03 [edit]

category: フクロノネズミ制作記

thread: バンド活動♪ - janre: 音楽

フクロノネズミ  

 書き始めてた新曲ができた。書き始めからまる4日。今までで最長かも。
 行き詰まりかけてた後半部分も何とか整理がついて形になった。

 詞は結構いい感じにできたかなと自画自賛。
 でも曲はアップテンポのブルージーな感じにしたので、すでにある「八月の夜」というレパートリーと似た感じに仕上がってしもた。

 メンバーに配信した。なーさん(g)はブルースロックな感じでアレンジしてやってみよと言ってくれたが、まこちゃん(vo)、やまさん(drs)からの反応はまだ無い。どうやろかなぁ?

 タイトルは「フクロノネズミ」

 採用されるとええなぁ・・・

Posted on 2012/02/13 Mon. 00:07 [edit]

category: フクロノネズミ制作記

thread: バンド活動♪ - janre: 音楽

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

Categories

Archives

Good Links

Profile