fc2ブログ

ええかげん ええかげん

ベース弾きのヒトリゴト的ブログ

Notice

一日も早くコロナが沈静化しますように

1204

思い出のグラス  

 15年ほど前、滋賀の黒壁スクエア(街全体がガラス工芸のテーマパークのような場所)のガラス工芸体験工房で、まだ幼かった息子や娘と一緒にサンドブラストをして模様を刻んだロックグラス。ナイトキャップの友として愛用していたのだが、とうとう飲み口が欠けてしまった。処分しようかとも思ったが、あの日の思い出が詰まっているこれを捨ててしまう踏ん切りはつかなかった。
glass1



 数週間、流し台の隅っこで所在なげにうずくまってるグラスを眺めていたが、ハイドロカルチャーのグラスにすることを思いついた。青系のカラーサンドで飾ってやれば魚と水草の模様も映えるに違いない。
 百均へカラーサンドを買いに行ったが、あいにく白しかない。隣にあった青のゼオライトを見ると、水保ちはこちらの方がいいらしい。
「粒が大きいし鮮やかさには欠けるだろうな。一緒に入れる白のカラーサンドが隙間に入り込んでしまうかも知れないな。でも、植物のためにはゼオライトの方がいいかな。」
と納得して、青のゼオライトと白のカラーサンドを購入した。
 その後、ハイドロカルチャー用の植物を買いにホームセンターへ。いろいろ迷ったが、海のイメージなので南国のイメージが強いパキラにした。根にはオアシスがついているものを選んだ。


 夕食後、ほろ酔い気分で製作に取りかかった。まずは、透明のクリアファイルを切ってグラスより一回り小さい円筒を作る。そのままパキラを植えてもいいのだが、そうすると根が張ってきたときサンドアートが崩れてしまうし、グラスの外から根が見えると美しくない。
glass2


  一番底は、海底をイメージして白のカラーサンド。斜めにグラスを傾けて斜面を作る。
glass3


 パキラをセットして青のゼオライトと水の揺らぎを表現するための白のカラーサンドを交互に。
 猫が興味津々で寄ってきた。この子は木の葉を引きちぎって食べる癖がある。山羊かと思うほど広葉樹の葉でも何でも食べる。
 出来上がったら手の届かないところに置いておかなくちゃな。
glass4



 完成。思ったよりグラスの模様が映えないなぁ・・・。もっと濃い色でないとだめかな。
glass5


 まあそれでも、思い出の品を捨ててしまうよりはましか。
glass7.jpg
 
関連記事

Posted on 2021/12/04 Sat. 21:30 [edit]

CM: 0
TB: 0

0911

手仕事と道具  

 私はいつも近所の理髪店で散髪する。腕がいいと評判の店で、他店と比べると少々値段は高いのだが今の場所に越してきてから20年以上通い続けている。
 ここ10年ほどは東京での長い修行を終えて帰って来た若旦那に調髪ってもらっている。この若旦那がまたいい腕をしていて、あっという間に切り終えてしまう。通常の半分ほどの調髪時間しかかからない。
 京都に帰ってきて仕事を始めた頃は
「高いのにもう終わりか。」
と文句を言う客も結構いたそうだが、仕事の質でみんな黙らせてしまった。
 彼の仕事は雑なのではなくて驚異的に速いのだ。そして仕上がりに常に満足させられるのはもちろんのこと、驚くべきことに髪が伸びていってもその時々でサマになる。だからものぐさな私は、一度切ったら数ヶ月は店に行かないことになる。バッサリ短くして半年近く行かないこともあった。
 彼にいつも
「長いこと間が開きましたね。」
と笑われるのだが、私は笑ってこう言い返す。
「長持ちするように切るから悪いんやん。」
すると彼は決まって照れくさそうに笑う。
 スピードと伸びても格好がつく仕事が不思議で彼に訊いたことがある。
 彼曰く、東京で親方からたたき込まれた技で、頭の形、毛の流れ、髪質などを総合すれば、どんな風に伸びていくかが分かるのだそうだ。その予測の元に緻密な計算を瞬時にして切る。だから少しずつ切りそろえる必要がなく、結果仕事が速くなってしまうのだそうだ。職人技はどんな世界でも神がかり的だ。

 でも今日、もっと話したいのは彼の技ではなく、彼の父と初めて見た道具についてだ。
 この店では今でもマスターと呼ばれるその人に、私は一度も調髪ってもらったことがない。この店に通い始めた頃はマスターの奥さんに調髪ってもらっていたからだ。
 マスターは「髪結いの亭主」を絵に描いたような感じの人で、あまり仕事をしているのを見たことがない。いつもニコニコしながら店にいる。たまに古い馴染みの客を調髪ってはいるが、殆どは掃除かシャンプーをしている姿しか見ない。
 今日も私は若旦那に調髪ってもらっていた。彼はいつものようにあっという間に切り終え、若い衆が白髪ぼかしを始めると店を出て行ってしまった。毛染め、顔剃りの後は仕上げがある。昼食かなと思っていると、若い衆たちの会話で歯医者の予約があったことが分かった。仕上げを人に任せるようなことはしない人だが、仕上げまでに帰ってこられるのかなと思っていた。
 染髪が終わり若い衆のシャンプー。顔剃りはマスターの奥さんが久しぶりにしてくれた。その後マスターが私の散髪台にやってきた。
 この店は顔剃りの後に耳搔きをしてくれる。「マスターに耳掃除をしてもらうのか、珍しいな」と思っているといつもと感覚が全く違う。耳搔きの当たりは柔らかいのだが、

ジョリッ  ジョリッ

と音がするのだ。耳垢どころか皮膚ごと削れているような感じがする。と言っても痛いわけではない。当たりは極めてソフトなのだ。
 まさかと思ったが
「ひょっとして剃刀かみそりですか?」
と訊いた。マスターはちょっと笑って言った。
「そうですよ。痛いですか。」
「いいえ。すごく気持ちいいです。耳穴に剃刀って入るんですか。」
と、私が馬鹿な質問をすると、マスターはまた笑ってこんなことを教えてくれた。
「ははは、まさか。耳穴専用の剃刀があるんです。これは産毛だけじゃなくて、耳穴の薄い角質も削れて気持ちがいいって、はまる人が多いんですよ。
 今は西洋剃刀が主流だけど日本剃刀はいろんな種類があってね。その一つです。西洋剃刀と違って毎回研ぐ必要があるから、使う人はあまりいなくなりましたね。当然日本剃刀専門に鍛造するような職人はもういなくなったと思いますよ。だからこの剃刀も売られなくなっていますね。京刃物取り扱ってる店に行けばあると思いますけど。私は予備にもう一本持っていますが、親父の代から使っているし、毎回研ぐからずいぶん小さくなってしまいました。」
 若旦那の歯医者のおかげで大変なものに出会ったようだ。
 私はどんなものなのかが見たくなり、頼んで見せてもらった。
耳穴剃刀
<京刃物「銀座菊秀」のホームページより>


 日本の手仕事を感じさせる道具だった。
 かつて耳穴専用の剃刀があった。そこに日本人が本来持っていたはずの美意識が結晶している気がした。
 日本の文化の底をさぐると、「粋」を愛し受け継いできた人々の「息づかい」のようなものを、いつも感じる。


 マスターの掌の中のそれは、半分ほどの長さにまで研がれて短くなっていた。


関連記事

Posted on 2021/09/11 Sat. 23:12 [edit]

CM: 0
TB: 0

0813

幸運の女神 再び降臨  

 高速道路のSAにトイレ休憩で立ち寄った。
 用を足し、車に戻ろうとしたとき、宝くじ売り場が目についた。そう言えば今日はサマージャンボの販売最終日。「残り福」って言葉もあるし久しぶりに買ってみよう、そんな気になった。

「連番で10枚」
ほんの気まぐれだし大金突っ込むつもりもなかったので、販売員にそう言いながら窓口に近づき、鞄の中の財布を取り出そうとした。
「連番で10枚ですね。ありがとうございます」
鞄から目を上げると、小さなブースの中の若い販売員がとてもかわいらしい笑顔で私を見つめていた。
 料金を支払うと
「最終日ですし、好きなの選んでください」
彼女はそう言い、引き出しから連番の入った封筒をたくさん取り出してくれた。
 私はあまりくじ運は強くない。おみくじは大吉は殆ど引いたことがないし、宝くじも今まで何回か買ったことがあるが、10枚連番で買えば必ず当たる300円しか当たったことがない。今、客は私だけだし自分で選ぶよりこの子に選んでもらおう、そう思った。
「お姉ちゃん選んでよ。選んでくれたの買うし」
「えー?ホントですか?それは責任重大!」
とクスクス笑いながら、それでもあれこれと真剣な眼差しで選び始めてくれた。
 何気なく彼女の胸のネームプレートに目をやって驚いた。そこには「金」の一文字。
「わお!金さんって言うの?お姉ちゃんの名前にかけるわ。絶対当たるやん」
「あはは。ありがとうございます。」
私はシルバーのネームプレートから目が離せないでいた。プレートの色はシルバーから少しずつゴールドに変わっていってるような気がした。私は「絶対当たる」と、ちょっと本気で思い始めている。
「えーと・・・・・じゃぁ、これをどうぞ」
と言う彼女の声で、ようやく私は若い女性の胸元を凝視している自分に気づいた。慌てて目を上げると、彼女は初めと同じ素敵なニコニコ顔でいてくれていた。ほっとしながら
「もし当たったらお礼に来るし。待っててや」
そう言うと、彼女はまた素敵なニコニコ顔で
「はい。分かりました。待ってます。当たりますように」
と応えてくれた。
 
また幸運の女神が降臨したのかもしれないぞ

そんな想像をしながら、私は浮かれた足取りで駐車場に向かった。

-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2021/08/13 Fri. 23:48 [edit]

CM: 1
TB: 0

0626

粋な偶然  

 この歳になると「誕生日なんてどうでもいい」とうそぶいてみたりするが、やっぱり祝われると嬉しい。そこに思いがけないことが重なると、さらに嬉しい―――

 今日、妻が少し遅めの誕生日プレゼントを買ってくれるというので、ショッピングモールに出かけた。目的はモール内に先日オープンしたスポーツショップでランニングのためのシューズやウェア買うこと。ネットで見るとグランドオープンセールでかなり安くなっている。本当はもっと早く行きたかったのだが、コロナ禍の中、土日はモール内の専門店は閉まっていて、緊急事態宣言が解除された最初の週末である今日の日を待っていたのだった。
 ウキウキ気分で玄関を開けていつもの習慣で郵便受けに目をやると、いくつかの配達物が入っていた。そして、その中に嬉しい封筒が一通混じっていた。差出人は横浜のFM局だった―――


 10日ほど前の誕生日の夜、何気なくFacebookを見ているとある広告が目についた。「UNITE2NIGHT」というFMラジオの音楽番組に、LEYONAというシンガーが出るというものだった。彼女はポップスシンガーだが、ブルースやロック、レゲエやジプシーミュージックのテイストを感じることの出来る楽曲もたくさんある。それらが私の好みに合っていて作品はよく聴いていたが、メディアへの出演はあまりなくトークを私は聞いたことがない。
「こりゃ神様からの誕生日プレゼントだな」
と勝手に解釈して、Radicoのエリアフリーに登録した。放送時間を待ちながら番組を調べていると、バースデーコーナーがあることがわかった。リスナーの誕生日を祝うため、放送日に近い誕生日のアーティストの楽曲をメインパーソナリティがアレンジして演奏するという内容らしい。
「へー、まさにバースデープレゼントやん。ダメ元でメッセージ書いてみよ」
と思い、自分はゲストのLEYONAさんのファンでランニングしながらよく聴いていること、今日が50歳代最後の誕生日で、その日に彼女の声が聴けるなんて、いい誕生日プレゼントが届いた様な気分だということなどをメールに書いて送信した。
 いよいよ放送が始まってプログラムが進行し、1時間ほど経ってバースデーコーナーの時間になった。
「最初のメッセージです。これは、LEYONAさんに読んで貰いましょう。」
とパーソナリティが言ったとき私の動悸は高まった。そして彼女が読んでくれたのは、私のメッセージだった。
 メッセージを読み終えた彼女は
「ありがとうございます、ヒゲシゲ(急遽考えたラジオネーム。恥ず!)さん。お誕生日おめでとうございます。」
と、私の誕生日を祝ってくれたのだった。
 いくつかのバースデーのメッセージがメインパーソナリティによって読まれた後、彼のオリジナルのバースデーソングの生演奏が始まった。そして、LEYONAはアドリブでハモってくれた。その後、6月18日が誕生日だというポール=マッカートニーの曲をアレンジして演奏は続いた。
「最高や!」
と叫びたい衝動でなかなか眠れない夜は、ゆっくりと更けていった―――


 その日の記念の番組ステッカーが、妻がバースデープレゼントを買ってくれる日に届くなんて、天もなかなか粋な偶然を演出してくれるものだ。

RM YOKOHAMA



LEYONAの魅力の一端が堪能できる船上LIVE動画です。是非どうぞ!!


関連記事

Posted on 2021/06/26 Sat. 18:03 [edit]

CM: 2
TB: 0

0620

紫陽花園 ~善峯寺~  

 日本一と称される、天然記念物「遊龍の松」(地に這うように横に伸ばされた松。現在は一部が切られ37mほどになる。)で有名な京都西山の善峯寺よしみねでら※参考ページ)。一時期大原野散策にはまっていた頃、何度か訪れた。
 ここは松だけでなく紅葉や桜でも有名だが、実は広大な境内には山肌一面を覆う紫陽花あじさい園もあり、今が見頃だと聞いていた。紫陽花の時期に訪れたことはなかったので、一度訪ねてみたいなと思っていたのだが、先日テレビでも紹介されたらしく、人混みは避けたいので躊躇していた。

 仕事が休みの土曜日、昨晩からずっと降り続く雨が小雨となっていた。
 この天気なら人出はましだろうし、「紫陽花はむしろ小雨の中で見る方が風雅だろうな」と思うと居ても経っていられなくなり、出かけてみた。
 案の定、参拝客はまばらだった。
 山門をくぐり、山の斜面に広がる境内を登っていくと、見事な風景が広がった。
 聞いていたとおり、紫陽花は山肌を埋め尽くすように咲き広がっていた。
 とは言え、花はあまりに密だと圧倒されて少し息苦しさも感じることがあるが、ここは花と花の間には適度な「間」があった。それが丁度心地良い。また、斜面を利用しているので上下の広がりと奥行きがあり、それもまた見事だった。
 そして、小雨と朝霧でしっとりと濡れた紫陽花は、期待通りとても味わい深かった。

紫陽花1

紫陽花2

紫陽花3

紫陽花4

紫陽花5



「おまけ」の感じで、珍しいモリアオガエルのたまごにも出会った。

森青蛙




 
関連記事

Posted on 2021/06/20 Sun. 16:19 [edit]

CM: 0
TB: 0

What's New?

Comments+Trackback

文字を大きく・小さく

VIDEO

Homepage

楽天

AdSense

FACEBOOK

ブログランキング

Discography

Mail

Counter

検索フォーム

アンケート

▲Page top